自己紹介

17歳¦通信制高校3年¦場面緘黙症¦チック症¦ADD¦(L)GBT¦アイコン→@free_iconq様¦メイン垢→@ikitagomi

もっと自己紹介

自己紹介 ୨୧ *⑅❤︎·̩͙

🐰私について🐰

・17歳(高校3年生)
・(L)GBT
・精神科通院中
・全日制高校→通信制高校
・手帳2級

事情があって叔母の家で暮らしています。


🐰病気🐰
場面緘黙症、チック症、ADD


メイン垢→@ikitagomi

Instagram→https://www.instagram.com/kanmokuyume/



🐰来歴🐰

幼稚園
物心ついたときから人前で話せなかった。家ではとてもお喋りで、人を笑わせることが好きだった。しかし人前だと恐怖感に襲われて、喉が締まって、声を出したくても出せなくなった。
3歳のときに両親が離婚した。私は父に引き取られた。祖母がずっと母親代わりだった。
年長のときに、1人の女子に目をつけられ、嫌がらせをされるようになった。皮膚をつねられたり、階段を降りていたら背中を押されたりした。でも声が出なくて、何も言えなかった。なぜ声が出ないのか、どんなに考えてもわからなかった。
先生にはちゃんと話なさいと叱られた。話すまで部屋から出してもらえないこともあった。

小1
小学生になったら絶対に話そうと心に決めていた。物凄く努力して、少しだけ話せるようになった。でも声量のコントロールができなかった。自分では大きな声に聞こえるのに、相手には全く聞こえていなくて、無視されていると思われたことが何度もあった。
ある日、1人の男子から嫌がらせをされるようになった。お腹を殴られたり、物を盗まれたり、骸骨と呼ばれたり、階段から落とされたりした。

小2
小1のときに嫌がらせしてきた男子とまた同じクラスになって、嫌がらせをされた。
授業では、発表することが苦痛だった。ただでさえ話すことがきついのに、何度も「聞こえません」と言われた。こんなに頑張って声を出しているのに、どうしてみんなにわかってもらえないのだろうと思った。
担任は全員が発表するまで授業を終わらせない方針でやっていて、私が発表するまで絶対に授業を終わらせなかった。私が泣き出しても決して終わらなかった。
友達はできたけど、「あいうえおって言って。言わなきゃ絶交ね」とか言われたりした。ちなみにその子とは最終的に絶交した。

小3
くもんに通い始めた。それをきっかけに、くもんで一緒で同じクラスの女子と友達になった。でもその子には散々振り回された。教科書を忘れたからと勝手に奪われたり、塾の月謝を盗られたりした。他の友達に「あいつ(私)は算数ができない。馬鹿だよね」と言いふらされたこともあった。性的なこともされた。

小4
クラスの大半の人からいじめられるようになった。(私が悪かったんだけど)
無視していると思われたり、緘黙のせいで誤解されることもたくさんあって嫌われた。
そして私にはチック症があった。簡単に言うと奇妙な癖があった(特に首の皮膚をつねる症状)。それもいじめられる要因となった。自分では決してコントロールすることができない症状で、私もこの症状がとても嫌で憎かったけど、理解してくれる人は1人もいなかった。

小5
いじめが本格的になった。幼稚園のとき私に嫌がらせをしていた女子が同じクラスで、その子は率先して私をいじめた。主に菌扱いされた。私が触れたものは汚いからと誰も触らなかった。悪口はたくさん言われた。体育のときに砂を投げられたり、上履きを隠されたり、通りすがりに死ねと言われたりもした。どんなにつらいことをされても声が出せなかった。
そして何度も誤解された。(盗もうとしたとかわざと人の机にぶつかったとか)
ぶつかったり、失敗したりして謝れないのも本当に辛かった。今ではすぐに謝れるけど、当時は本当にできなかった。
いじめについては、誰にも相談できなかった。家族には怖くて話せなかった。でもある日親にいじめがバレて親が担任に電話をした。そして担任が、私がいじめられてることをみんなの前で暴露した。一人一人私に謝るよう言った。笑いながら謝っている人もいた。私は顔が真っ赤だった。とても苦痛な時間だった。
いじめは一旦静まったけど、完全に無くなったわけではなかった。

小6
いじめは再燃した。
担任は話せない私をとことん責めた。チック症のことも指摘しまくった。
ある日私がやらかして、みんなの前で「このクラスにはいらない!校長先生に言って隣のクラスに行きなさい!早く!」って感じでドアの方に押されて、男子が「そうだそうだ」って言ってたけど担任はその男子には何も言わなかった。
私のランドセルが隠されたときにクラスで話し合った。その日の放課後に隠した人が担任に言い訳しに行った。次の日担任は完全に私のせいにした。
そんなときに、テレビで場面緘黙症を知った。怖いほど私に当てはまっていた。でも親は私が緘黙であることを決して受け入れなかった。
私は限界になり、転校することになった。普通だったら転校できなかったけど、紆余曲折あって転校できた。

小6(転校後)
いじめられて転校したという噂を流された。小規模な学校だったのでクラスだけではなく、学校全体に広まっていた。そして男子たちにまたいじめられた。

中1、中2
コーラス部に入ったけど、家にいるときと同じ声量で出せなくて苦しかった。先輩に挨拶できないし、やる気のない子と思われた。わからないところも聞けなかった。先輩からは悪口を言われた。クラスでは嫌がらせをされた。
他クラスのいわゆる不良の男子達にからかわれた影響で、学年全体に私の名前が広まってしまった。
致命的なのは、不良の人達の前で緘動が出てしまい、謎の行動(?)をしてしまったこと。それから本格的にからかわれるようになった。
「キモいよ〜」と言われても何も言えなかった。何も言えないのが苦しくて苦しくて仕方なかった。私のやることなすこと全て笑われた。
場面緘黙について家族に相談した。話しても最初は全くわかってもらえなかった。でも精神科には行くことになった。そして場面緘黙症とチック症と言われた。
家族は私が緘黙の本を読んでいると怒鳴り散らした。「緘黙なんて人に言ったら結婚も就職もできない」とか「お前は病気を大事にしている」などと言われた。まぁとにかく理解はされなかった。緘黙の本を渡してもちゃんと読んでくれなかった。

中3
私は席が後ろの端の方で、男子が溜まる場所だったので、1学期の頃は嫌がらせをされた。でも席替えしたらされなくなった。
部活はともかくクラスでは穏やかだった。ある日本音とか緘黙で苦労したこととかを書いた手紙を相談室の人に渡して、それを担任が読んだのか、緘黙についてすごく理解してくれた。

高1
絶対緘黙治す!って気持ちで入ったので、相変わらず喋れないことがすごくショックだった。嫌がらせはなかったけど、本当に喋れないことが辛くて、楽しそうに話している人を見るのがとても辛かった。
ある日学校に行けなくなった。小中学生時代の方がずっと辛かったのに、こんなことくらいで何もかもダメになった。でも家族が学校に行かなきゃ絶対ダメって感じだったので保健室登校になった。ただ先生は良い先生ばかりで、緘黙の理解もあった。
私はリストカットやODをすることがあり、先生に迷惑を掛けてしまったこともあった。今ではすごく反省している。
私は単位が取れなくなって通信制高校に転校した。
そして、事情があって叔母の家で暮らすことになった。

高2〜現在
新しく入った高校は、土曜日だけ学校に行く感じで、穏やかに過ごせている。
平日はバイトはしたけどキツすぎて辞めた。
何もしていない自分が嫌で仕方なくて、辛くて自殺未遂をしたこともあった。
でも今は、なるべく前を見て、どうにもならなくなるまでは生きたいと思っている。
自傷も今はしていないし、緘黙も克服できるように頑張りたい。

カウントデータ

フォロー405 いいね10,642
フォロワー1,453 リスト21
ツイート397 平均ツイート0.3 / 日

日付データ

Twitter歴1,173日 プロフ作成日2018/03/19 19:11
Twitter登録日2016/07/06 21:13 プロフ更新日2019/08/30 18:41
API取得完了2019/09/22 15:12 API取得予定2019/09/22 15:27