自己紹介

『 過去でもどこでも逃げるがいい。』

もっと自己紹介

ここはドラゴンボール超の非公式なりきり
長くなると思うが…見ていくがいい。
勿論完璧には出来ないのでな、キャラ崩壊もあるだろう。

注意としては、別の並行世界の未来(又は現代)のザマス、そしてゴクウブラックなどに姿が変わる場合がある(頻繁に交代はしないようにするが長期間やる場合有)。
CCとは違い全て我(ザマス)自身だからな。
※偶にザマス登場回の動画を投稿することがある…もしそれが嫌な者に縁は勧めん。
一人称は形態によって変化する(時もある)

▶︎姿絵背景は自作又は貰い物か許可を得ているもの。勝手に持ち出したり、無断転載はやめるように。
普段のメインキャラは合体した我だからな。そう代わることはない、と思うぞ。















◆フォロー対象◆

一般や他作創作なども問わない。基本的に誰でも歓迎しよう。
だがR垢はフォローするつもりは無いぞ。



◆ブロック対象◆

我の縁者への嫌がらせ、返事の催促、迷惑発言、面倒事をそちらから持ち込むなど。
ブロックはするが…その後解除もする。
お前達も我と合わない、と感じたのなら必ずブロックからブロック解除で対応してくれ。逆恨みは無しで頼むぞ。
もしブロックのみの者を見つけたら、すまぬが同じ対応をとらせてもらう。



◆戦闘◆

誘われても気まぐれだな。
部屋でも表でもかまわないが、あまりロルが上手くないかもしれんぞ。



◆関係◆

固定の同志だ(@kani_saiya)

家族のみ、仲がいい者とは考える。
それ以外の恋仲関係は不要だ。



◆スキンシップ◆

(親しくなった者を除き)基本しないが、してほしければその気にさせてみるがいい。
表では抱擁〜頬か額、手の平への口付けまで。
腐夢対応は可。

部屋(DM)は表で許可を得てから入れ。



◆浮上について◆

我は気まぐれなのでな、来たり来なかったりが激しいだろう…つまり常に低浮上だ。
それでも構わないというのなら繋がるがいい。



◆背後◆

義務教育は終えている、とだけ。
それ以上の詮索は無用。



◆姿絵や背景◆

貰い物か、基本的に絵師から許可を得ているものを使う。表記が必要な場合のみ簡易にしっかりと絵師の名とIDを書くつもりだ、無断転載はしていないぞ。



◆アカウントについて細かく◆

⚪︎TL会話や引用会話もする。騒がしくしないように気を付けるつもりだが、日によっては騒がしくなる。
⚪︎会話が終了したと判断した場合いいねを(最近はどちらも残さないが、お気に入りの呟き等にも)
⚪︎口調が強かったり偉そうなのは仕様
⚪︎一般も迎え入れるが、なりきりに理解のない者は却下。
⚪︎希に手動で台詞を呟くことがあるぞ、独り言も多い(その呟きに反応等は自由)
⚪︎会話中に分かりやすくアニメの画像、動画を付ける場合あり。そして一定の時間が経った時に削除。
⚪︎ちょくちょくドカバト、ゼノバース2、ファイターズの呟きをすることもあるぞ。
⚪︎並行世界の半身達…つまり未来ザマスやブラックがTLや会話中に出てくることも。



◆最後に◆

キャラ崩壊はもちろん、お前達にとってびっくりする面も出てくるだろうな。
口調もまだまだ勉強中だそうだ、温かい目で見てやってくれ。
あと一つ、作品通りに強い口調で話すこともあるだろうが…ここでの我は基本柔らかめだ。















合言葉の前に我について教えておく。
短く記したつもりが、長くなってしまったがな…軽くでも読んでもらえると助かる。
少しでも我のことを知ってもらいたい。

そして一番下に行けば合言葉があるぞ。















◆概要◆

( ポタラについて )

このイヤリングの一方を装着者同士が互い違いにつけることで合体することができる。
一部資料などではこれをポタラ合体と称する事もある。
フュージョンとは異なり制限時間というデメリットはなく、パワーの増幅率も大きく上回る。
また融合した際の能力や外見は衣装含め2人のそれぞれの特徴を備えた姿となる。

原作者「鳥山明」が脚本を務めるTVアニメ『ドラゴンボール超』では様々な追加設定がなされた。
一度合体すると二度と解除出来ないという点については神龍への願いで解除可能とされ、またその永続的効果は界王神にのみ発動し、人間同士の合体に対しては1時間のみである事が明かされた。

界王神に対する効果については、どちらか片方が界王神であれば変身は永続するとされ、老界王神や合体ザマスの合体はこれに当たる。また同じく界王神限定の効果として、ポタラを付けている事で界王神のみ使用が許される「時の指輪」の使用が可能になる。これは未来や並行世界を行き来出来る道具であり、ザマスは師匠である界王神ゴワスを殺して時の指輪とポタラを奪い取り、無理矢理界王神になっている。

人間同士の場合では、ベジットブルーなど余りにも強大な力を持つ者の合体を維持するには限界があり、その場合はフュージョンと同じく制限時間が短くなってしまうというリスクを持つことも明らかにされた。



◆概要◆

CV:三木眞一郎

アニメ『ドラゴンボール超』に登場するザマス(未来トランクスの世界)とゴクウブラック(通常世界)がポタラを使って合体した姿。

肌や髪の色と右目に掛かった前髪はザマス、目のくまや髪型の大部分はゴクウブラック(超サイヤ人ロゼ)のものが受け継がれている。衣服はザマスのものがベースとなっているが、インナーや腰の帯はブラックのもので、上着の縁や裏地は帯と同じ赤色に変わっている。
背中には後光を思わせる光輪(光の壁)が顕現しており、ここから「神の光の力」と称するエネルギー波を放つ攻撃を使う。

名実ともに最強の存在になった事で、そのナルシストな性格にも磨きがかかり、「気高くも美しい、不死にして最強の神」「この身で世界を照らす太陽」「宇宙の智慧、宇宙の法、宇宙の力」「永遠の正義を謳う者」など、今まで以上に厨二病の様な言葉で自らを誇示する機会が増えている。
また自らが正義だと信じて疑わず、何を言っても自分の都合の良いように解釈したり、自分で発した言葉で感動泣きするほどで、例え敵に強烈な一撃を浴びた直後でもなお自らに浸るという徹底ぶり。

両者は元々同一人物な為、他の合体戦士と違い発する声はザマスの声のみ。
名称も二人のザマスが合体したことから合体ザマスになっている。



◆活躍◆

第64話ラストでトランクスに魔封波で封印されかかった事で人間の危険性を改めて認識したザマスが、フルパワーで孫悟空たちを倒すためにポタラを使ってゴクウブラックと合体しこの姿へとなった。

そして合体で得た圧倒的なパワーで悟空、ベジータ、トランクスの三人を追い詰めた。また超サイヤ人ブルー界王拳を用いた悟空に一撃をもらった後には背中の光輪が消え、精神的にも肉体的にも不安定な状態に陥り、ザマスの「神と人の矛盾」に対する複雑な思いを体現した醜悪な姿へと変貌しパワーアップ。

しかし、悟空とベジータもそれに対抗しポタラで合体しベジットとなったことで彼らに押されはじめ、内心に残っていた「神としてのあり方」への葛藤からさらに精神に破綻をきたし始める。
そんな中、ザマスは力に頼った筋肉質な形態へ変貌。力に頼った結果終始ベジットに押され続けていたものの、ベジットは超サイヤ人ブルーで戦っていた為、自身のあまりに強大なエネルギーによって想定以上に合体時間が短縮され、分離してしまう。

その隙に、分離した悟空とベジータを叩き伏せ、ザマスの勝利に見えたが、そこにトランクスが舞い降りる。そしてザマスと戦う中でトランクスは無意識のうちに元気玉の様に人々のエネルギーを吸収。悟空、ベジータの元気も吸収し強大になった、その元気をトランクスは折れた剣に集め、光り輝く大剣に形成。これでザマスを一刀両断しザマスの肉体は砕け散った。

しかし、これで終わりではなかった。ゴクウブラックの肉体が混じり弱体化しているとはいえザマスは「超ドラゴンボール」で永遠の命を手に入れていたため肉体が無くなっても魂だけの存在となり地上に残っていた。そして神でありながら人間に敗れたというザマスの屈辱が怨念へと変じ、黒煙となって空間を侵食。空一面をザマスの顔でびっしり満たしながら地球全土を包み込み、さらには世界の全てを作り替えようとその力を宇宙にまで伸ばし始める。その影響力は時空を超越し、<悟空のいる世界>にまでザマスの顔を映し出すほどの影響力を見せつけた。

力を使い果たした悟空達ではどうしようもなく、さらにザマスは全ての生命体を地球から消し去ろうと空から攻撃し、悟空達7人以外の全ての生命体を消し去った。

もはや打つ手なしかと思われたが、悟空が懐から取り出した「全王からもらったスイッチ」を押す事によってその場に<未来トランクスのいる世界>の全王が降臨。
ザマスの行動に怒った全王は、そのまま<未来トランクスのいる世界>もろとも消滅させ、永遠の命を持つザマスも全王には叶わず、自らが作り変えようとした宇宙と共に哀れな最期を迎えた。

絶対神を名乗り世界を蹂躙した独善者は、真の絶対神の力によって呆気なく消え去ったのだった。



◆形態◆

( 通常形態 )

「感じるぞ……我が身一つに、二つの力が溶け合ってゆく……」

超ドラゴンボールの力で不死身になったザマス(未来)と、無限に高まる強さを持つ孫悟空の肉体をもつゴクウブラックがポタラの力で融合した結果、その戦闘力はもはや究極と呼べる次元に達した。

超サイヤ人ロゼ状態のゴクウブラックと善戦できるほどに成長した悟空とベジータを同時に相手取って圧倒し、ベジータでさえ「いくら神と言えどこんな気を放つ奴は初めてだ」と評するほどの気を放つ。また、東の界王神は「神としてのランクも常識外に高まっている」と察した。

唯一の弱点は、不死身ではなかった悟空ことゴクウブラックの肉体と融合した結果、ザマスが持っていた不死身の特性が不完全なものになってしまった事である。
そのため、肉体の再生能力は残っているものの、それまで感じなかった痛覚を感じるようになり、激しいダメージを受けると回復しきれずにその部分が紫色に変色し、溶けたか爛れたような状態になる。


( 強化形態 )

「正義の光よ我を打てぇっ!!悪を滅せぬ弱き神は不要なりぃ!!!」

悟空の攻撃により顔の半分が爛れた上に光輪を破壊され、ダメージを負ったことへの怒りで精神と肉体が両者とも不安定な状態に陥り変貌した姿。自らに電撃を浴びせた事で、右半身は顔と同じく紫色に腐敗したかのようなドロドロに溶けた状態になると共に肥大化、白目が黄色・瞳が真っ赤に染まった右眼を憤怒に見開いている。

戦闘力は通常時からさらに向上したが精神的に追い詰められているため、反撃を許し始めていく。
本編中では正式名称はなくBDBOX購入特典のSETTING ART BOOKでは「右上肥大」と解説されている。ゲームでの名称は「ヒーローズ」では「異形の神」もしくは「異形化」、「ゼノバース2」では「半身崩壊」と命名し扱っている。


( 異形化 )

「人間よ、滅ぶべし!すべては……ザマスの下に!!」

その後、さらに自身より強大な力を手に入れたベジットを迎え撃つべく、怒りに身を任せたパワー重視の変身を敢行し、以前の細身の体型とは似ても似つかぬ大柄で筋骨隆々な姿へ変貌を遂げた。
これらの変身を見た第7宇宙の界王神は、「回復しないどころか壊れている」と戦慄している。

巨体になった反動でスピードは落ちてしまい、べジットのスピードに追いつけず一方的に叩きのめされるが、強化形態の時と比べてパワーとタフネスはさらに上がっており、べジットの合体が解除されるまで攻撃を耐えきる耐久力を誇る。



◆技◆

【光の壁】
究極の力とも呼ばれ、絶対神がその背に帯びるとされる光輪。
作中では呼ばれていないが、ジャンプ誌上でその名が「光の壁」と判明。披露される事はなかったが、「触れた物を消滅させる」力があるとも設定されている。

【絶対の雷】
雷撃状のエネルギー波。超サイヤ人ブルー状態の悟空とベジータのかめはめ波(ギャリック砲)で相殺するのがやっと。常人程度なら一瞬で消滅させ、地球環境にも多大な影響を及ぼす。
光の壁から発射する以外に、背後に巨大な鳥にも十字架にも見える像を出現させて放つバージョンもある。

【裁きの刃】
無数の赤い針状のエネルギー弾を形成し放つ。エネルギー弾は着弾と同時に爆発し、二重にダメージを与える。なお、アニメ版ではゴクウブラックも気の刃の派生として、悟空に似たような攻撃を仕掛けていた。

【聖なる逆鱗】
灼熱の太陽、またはフリーザやクウラの技であるスーパーノヴァを思わせる巨大なエネルギー弾を放つ。トランクス&ベジータ、悟空と二度に渡って押し返されている(悟空は一人で押し返したが、代わりに両腕にダメージを負い、その後仙豆を食べるまで攻撃は足のみで行わなければならなかった)

【神の鉄槌】
異形化した腕を振るい、全力で殴りつける。ベジットブルーとの殴り合いに応戦する際に使用。

【激烈神烈斬】
合体前のザマスの気の刃で相手を切り裂く技、神烈斬を強化したもの。
見た目はゴクウブラックの気の刃そのもので薄紅色の気を長剣状に練り上げている。



もし我の半身達が気になればこちらもな。

▶︎ゴクウブラックについて
( https://dic.pixiv.net/a/%E3%82%B4%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF )

▶︎未来・現代ザマスについて
( https://dic.pixiv.net/a/%E3%82%B6%E3%83%9E%E3%82%B9 )




















ここでの我は原作で使われていた力や技も使えるようにしている。実際ゲームなどではアニメでの我が原作の力を使っていたからな。恐らくキャラ崩壊にはならぬと思うが、そこは許せ。

◆合言葉◆

そうだな、では…
「唯一神」という言葉を挨拶時の言葉に含むか、伝えてくれ。

長い仕様書を見てくれて感謝するぞ、人間
では良い縁を期待している。


作品知識 : 劇場版・アニメ(OVA含む)、超の未来編の原作のみ。
時間軸 : 基本其方任せだが、会ったことがない者は初対面対応。

カウントデータ

フォロー29 いいね255
フォロワー28 リスト1
ツイート7,965 平均ツイート9.3 / 日

日付データ

Twitter歴854日 プロフ作成日2018/07/27 19:23
Twitter登録日2018/07/25 19:05 プロフ更新日2018/10/25 01:42
API取得完了2020/11/25 10:52 API取得予定2020/11/25 11:07