自己紹介

自閉症で世間知らず、そして風船恐怖症で心配性なケモナー。 現在、実家に完全帰還し、イベントにはしばらく参加できなさそうです。 もしも私をフォロワーから外したい場合は、DMやリプで一声かけてくれると幸いです…。

もっと自己紹介

2010年4月から2020年3月まで大学、および予備校に通うために、毛呂山にアパート暮らししていた。
また、キャラと本格的に触れ合うようになったのは、2015年7月が初。


・性格
活動的だが、一度心が揺らいだら決意が固まるまで時間がかかる優柔不断な面が多い。
さらにキャラ見知り、人見知りが激しく、特に人の顔や姿を覚えるのが苦手な方。ただし、キャラクターさんを覚えるのは得意。

ゴム、酢酸風船が苦手。
特にゴム風船の割れる音は大の苦手で、聞けばしばらく弱気になる程。そのためか、風船を持ってる子供も大の苦手。
しかし、その一方で困ってる子供はほっとけないため、そのためなら風船さえも探し出すことを厭わない。

キャラクターさんの撮影においては、ある程度整ったコンディションでなければ戸惑ってしまう。
そのためか、キャラクターさんと触れ合う際、常に周りを気にするあまりキャラクターさんの周りにスタッフさん以外の他の人がいると、よほどのことがなければ、撮影中であっても誰にでもキャラクターさんを譲ってしまう。
ただし、このような行動を行ってる割に、スタッフさんに間違われたことは一度もない。

また、たとえスタッフさんなどの立場が上の人であろうと、自分に濡れ衣を着せてこようものなら猛反論する、肝が据わった面もある。
その一方で、自分に非があると気づけば途端にすぐ謝るので、自身のやることについてはある程度責任を持ってる。

余談だが、昔はグラタン、ドリアが好きだったが、
今はカレー(中辛〜辛口程度)が好物。



・経歴
2010年…埼玉に下宿開始。

2011年…ゴーカイジャープラモの購入に伴い、ブログ開始。

2012年…オレカバトル開始に伴い、Twitter開始。
しかし自閉症のため、元々友達が少なく、誰が良い人で誰が悪い人なのかの区別がつかず、この頃はリアル、ネットともに、性格は悪くみられがちだった。

2014年…ブログ、Twitterを続けるうちに、ネットの友達が増える。また、大学の研究室配属に伴い、リアルの友達がその中でもできる。少しずつだが、信頼できる友達が増えていった。

2015年…満を持して4月に浜松町、横浜に初上陸。
同年7月、ピカチュウ&フォッコとの公式撮影イベントという形で、初のキャラと一緒の写真をゲット。

2016年…5〜11月、病院&薬局実習を行う。
そんな中、1月につるゴン、7月にピカチュウ&ミズゴロウの公式撮影イベントに参加。ツーショ、スリーショットをゲット。
また、同年4月に池袋初上陸。

2017年…5月、卒研に追われながらも船橋初上陸。ピカチュウ&モクローと一緒の写真をゲット。
8月、初めて川越のイベントに参加。ただし、この時はまだこのようなローカルイベントでの理解が薄く、キャラクターとの写真は撮れなかった。

9月、川越のイベントに2回目の参加をし、たくさんのキャラさんとのツーショットをゲット。この際、後に師匠と仰ぐキャラさんと、(失礼な話)暴言を通して仲良くなり始める。
その後も、キャラクターさんとツーショットしていく間に、キャラクターさんとも友達のような絆が生まれたり、誤解が生まれたり。

2018年…1月、原宿に2度目の上陸。K-LINE展にていろいろなキャラさんと撮ると共に、素晴らしきケモノの芸術の数々に感動する。
同月の川越にて、ある初対面のキャラさんと険悪な関係になり謝るも、同年2月のある不祥事により、謝罪撤回と共に一時完全絶交をする。

2月に蔵里初上陸。さらに多くのケモノさんと、ツーショットを通して仲良くなる。また、お師匠様から注意を受けるものの、昨年に誤解を生んでしまったキャラクターさんとは仲直りし、お師匠様への信頼も高くなる。

4月、あるイベントにて着ぐるみ初体験。
と、共に川越にて、お師匠様と仰ぐキャラさんとついにツーショット。さらにスタッフさんとも仲良くなり、この月の前半に、自宅方面および学校関係者を除けば、自分の良き理解者ができ始める。また、お師匠様には、これを境に完全なる信頼を持つようになる。
この月の最後には、けもケットにも参加した。

4,6,8,9,10月、いろどりマルシェに参加。

6月に裏キャラ祭りで、多くのキャラさんと仲良くなる。
続く7月にファンパ、パンフェス野老に参加。

8月中盤、ゼラオラ&ピカチュウと公式イベントにてツーショット。

9月、ついに学校卒業。

10月、調布初上陸。柴崎さきちゃんとツーショット。

しかし11月中旬、風邪でありながらイベントに行ったため、多くの人達から反感を買い、1ヶ月ほどイベントを休むことに。(最も、イベントに1ヶ月以上連続で出れないことも珍しくなかったため、大した影響はなかったが…。)

12月中旬、ピカチュウのツーショなしのグリーティングにて、風邪のリハビリ&自分のグリーティングに対する行動基準の再検討を行う。
同月終盤、キャラクター祭りに参加するも、まだ行動基準の見つめ直しが足りてなかったためか、別のスタッフさんから注意を受けるが、お師匠様達多数の理解者もあり、出禁はなし。

2019年…1月終盤にトウキョーDXにてイーブイとツーショット。
しかし同月中盤から、謎の頭痛に見舞われ始める。(ツーショットをしたのは、頭痛がない時。)
当時は頭痛を風邪の後遺症と考えていたが、体のどこにも異常が見られず、そのまま4月初めまで、原因不明の頭痛に苦しみ続ける。

4月序盤、実家の茨城方面にて、謎の頭痛の正体が「群発頭痛」と発覚。
同月終盤、うさぎ達の挽歌に午前中のみ参加。
午後に、川越での群発頭痛の治療準備を整える。
なお、群発頭痛は現在も治療中。

5,8,11月、いろどりマルシェに参加。

5月にデザフェスに初参加。

6月に南古谷の新キャラクター祭りに参加し、さらに多くのキャラさんと仲良くなる。
同月終盤、次世代ワールドホビーフェアにて、ガラル御三家と初対面。
この時は写真のみだったが、8月に横浜で各御三家とツーショット。

9月、トウキョーDXにて、ツーショットなしでピカチュウとイーブイのグリーティングに参加。
9月〜11月にかけて、台風や大雨でことごとく行きたいイベントが潰れ、精神的に病んだが、
11月終盤、産業フェスタといろどりマルシェへの参加で復活。

また、11月にて、完全絶交していたあるキャラさんと、オーナーさんを通してブロック解除まで回復した。

12月、第1週にメッソン・クリスマスver.とツーショット。

第2週に、去年の1、本年の2,3,SP,4とことごとく逃したねこたま祭に初参加。この時、去年と同じスタッフさんに注意を受けるが、さすがに今回は冤罪にも程があるため猛反論。予想通り、主催者さんやお師匠様、他のスタッフさん達も、オレの行動に常識逸脱要素がないと主張。理解者さん達の助けもあり、出禁はなし。
その後、この冤罪をかけたスタッフさんがどうなったのかは、不明。

第3週、雪上のわ生誕祭に参加。
しかしその翌日から、ここ最近の頭痛の頻発や精神的疲労もあり、予備校を長期的に休んで自宅で勉強しながら、疲労した精神と群発頭痛の療養に勤しむこととなる。

2020…2月序盤まで、大半を自宅で療養。頭痛は回復に向かう一方、精神的疲労は増えるばかりで、やつれつつあった。

2/8にみけこん参加。たくさんのキャラクター達と触れ合うことで、帰るときには精神的疲労は回復へと傾き始めた。
また、2年前に冤罪を生んでしまったことについては現在も気にしていたが、今回はそのキャラクターさんとお互いに理解した上で仲直りを承諾。完全に心残りがなくなる。


2020年3月初旬、埼玉から実家茨城へ帰省を決める。
これにより、今までのイベントへの参加はほとんどできなくなる可能性が出たものの、
当時からは、同時に1月から発生した"あるパンデミック"が起こったことにより、ことごとくイベント自粛が行われることになる。
よって実質的には、大規模避難も兼ねた形での帰省となった。
(どこに住もうが同じだろうが…。)


2020年4月中旬、(イベントではないが記述する。)
群発頭痛と思わしき激痛が発生するも、処方された緊急用の薬もほとんど効かず、川越の病院に(実家の車で)緊急搬送。
今度は三叉神経痛の疑いをかけられる。

現在はそれもあり、イベントに行けない中、
出来る限り心穏やかに過ごせるように尽力している。


2021年5月、ほとんどを実家方面で過ごしていたがために、
川越の病院から完全撤退。


・2019/12月第2週での不祥事を受けて…
自分は元から、キャラクター達に対して、
暴力行為、悪口、独り占めなどの行為をしないといった基本的なことの他に様々なことを心がけてましたが、
ある人の規則の明文化にちなみ、私も明文化します。

基本的なこと以外は、このようなことを心がけてます。
1-1.キャラクターさんやスタッフさんには、よほどのことがない限りは敬語を使うこと。
1-2.ただし、ケモノ系のキャラクターさん達の場合には、自分がガチガチの敬語を使うことで逆に怖い印象を与えてしまう子もいるので、彼らの場合は敬語でなくてもいいので物腰柔らかな言葉遣いを心がけること。

2-1.他にキャラクターさんを待ってる人がいれば、目的を終わらせてなくてもキリがいいところで譲ってあげること。
2-2.そしてキャラクターさんやスタッフさんなど、撮影に関わってくれた人には、お礼を忘れないこと。

3-1.キャラクターさん達やイベント仲間だけに気を取られず、そのイベントの本筋を理解し、イベントの持つ旨味を9割以上楽しむこと。
3-2.キャラクターさん達の、施設内での次回の出場までの居座りはしないこと。
3-3.ただし、公式イベントなどで規定の時間になってもキャラクターさん達が出てこない場合は、そうなった事情をいち早く把握して、自身の退場または近辺店舗散策、仲間との会話など適切な措置を講ずること。

4.明らかに自分に非がある時は、できる限りすぐ謝ること。

5-1.明らかに自分に非がないと思われる場合、その供述に矛盾がないことを確認すること。
5-2.そして矛盾がなければ即座に謝罪、矛盾が確認されたら他のスタッフさんにも確認すること。
5-3.このことから、どのイベントにおいても、必ず信頼できるスタッフさん(キャラクターさんを兼ねている人や、主催者さんならなお良し)を最低1人は確保すること。
5-4.何より、自分が誰に侮辱されようが、キャラクターさん達への侮辱に値する行為は、自他共に許さないこと。

6-1.他の人の撮影時、およびキャラクター達の出し物の際は、考えられる最悪の事態を予測し、いち早く対策すること。
6-2.特に自身の体調には細心の注意を払い、何か異常を感じたら無理をせず休憩、撤退すること。

7.何か不明な点があれば、スタッフさんに相談すること。

8.最後に、これらを未来永劫守り続け、参加するイベントを楽しいものにすること。



・今までの行動範囲(2010/4〜2020/3)
-川越…予備校をはじめとした行動の起点。
主な参加イベントも、ここで行われる。
-南古谷…2019年まで、川越同様イベントで来ることが多かったが、実はオレカバトル目的で来ることもあった、隠れた行動の中心地。

-坂戸…かつて大学に通ってた時の行動の起点。
4階建てデパートがなくなってからは、専ら買い物&散髪目的での来訪が多かった。

-若葉…ワカバウォークという中級ショッピングモールがある、学校時代での外出先の原点。
映画館がある他、外食目的で立ち寄ることもあった。

-東京…ポケモンセンターメガトウキョー、スカイツリータウン、トウキョーDXを中心に行った。
横浜と共に、2015〜2017での行動の中心地であった。
守備範囲こそ広けれど、公式非公式、およびジャンル関係なく、ケモノ系キャラクターが出てくるイベントでなければ来ることはない。

-横浜みなとみらい…ピカチュウ・大量発生チュウも含めた、夏のポケモングリーティングの主な開催地点。
ただし、ポケモンセンターヨコハマが横浜駅近辺に移動し入場券制になったため、以降はこの時くらいしか行かなくなった。


・ダチキャラ
ダチキャラとは、いわゆるオレと仲の良いキャラクターさん達の中でも、特にオレが心から信頼しているキャラクターさん達のことである。
推しキャラとの違いは、相談役などツーショット以外でも絡みがあるか、である。

-ミケ・ローニャ様
オレがお師匠様と仰ぐ唯一無二のキャラクター、兼川越の主なイベント主催者。妹に黒猫のクロミちゃんがいる。
呼び方としては、そのまま「(ミケ)お師匠様」と言ったり、後述のランジェロ兄さんなどと区別するために「ローニャ師匠」と呼ぶことも。
ある暴言を通じて仲良くなり、オレの様々な良いところや面白いところを遺憾なく引き出してくれる、まさに師匠と仰ぐにふさわしいキャラクター。
また、スタッフや主催者としてもこの上なく優秀であり、イベントでの良き話し相手にもなってくれる。


-ミケ・ランジェロ様
ミケお師匠様のお兄さんであり、イベントカメラマンでもある。
呼び方は「ランジェロ兄さん」
キャラクターとしてもスタッフとしても、オレはお師匠様と同等の信頼を置いている。ただしオレは、彼がカメラマンという、司会者と同じくらい重要な仕事をしてることを考慮してか、彼の撮影を行うことは比較的少なめ。


-山葵ちゃん、薄荷君
イタチウサギの山葵ちゃんとは2017/8月のいろどりマルシェ、ウサギの薄荷くんとは2018/4月にけもケットにて会う。
2人のオーナーさんとも着ぐるみ体験を通じて出会い、その後も何回か出会いつつ、お互いに信頼できる仲となる。

特に山葵ちゃんとのツーショット回数はもはや数え切れないほどで、相当な付き合いの長さを感じられる。


-モチロボ君
絡み自体はあまりないが、オーナーさん共々影からオレが信頼するキャラクターのうちの1体。
よくみんなに「燃やすぞ」とか言われる。
オレはこのキャラのことを知って間もない頃は、この「燃やすぞ」発言に対して激しい感情と共に、時に暴言と共にモチロボ君を庇うこともあったが、
現在は某ロボット成分を持つ仮面ライダーの存在もあり、「燃やすぞ」発言も受け入れている。
なおその理由は、そのライダーの決まり文句たる「心火を燃やして〜」からであり、オレの性格もそのロボットライダーに似通ってるところが多い。


-うさぽん団長
お絵かき、バルーンなどを得意とする、エンターテイメント団体「うさぽん団」の団長。
2017年12月に初対面。
とても優しく、オレの性格に関する理解も高い。
また、オレは風船嫌いとはいえ、彼らのエンターテイメントには目を見張るものがあり、陰ながら応援している。


-うさぎ人間さん
2017年11月に、川越で初対面。
とても優しいお姉さん的な存在で、お師匠様に次ぐ良き相談役。

現在、療養中らしい。


-キャンディーちゃん
ウサギの女の子。
とても優しく、良き相談役でもある。

ここだけの話、彼女の初対面はキャラクターイベントではなく、某撮影会であり、彼女のオーナーさんとも並々ならぬ絆がある。


-ビセット君
キツネの男の子。前々からTwitterで存在を知っており、2017年11月にて、ついに成増で出会う。
以降は色々ありながらも、2020/3までほぼ毎日Twitterを通して挨拶するほど仲良しになる。


-ソルト・ウルフ君
シベリアルハスキーと狼のハーフである、サックス奏者。
キャラ自体は2018年から知り、彼のサックス演奏は様々な人々から高い感銘を受けるほどである。
ツーショは2019年5月の1回きり(しかも実際は、後述のテト君も含めたスリーショット)だが、主にキャスやステージを通じての会話や出会いにて、良き相談相手になってくれる。


-テト・ティックル君
猫のダンサー。2019年から登場した超新星(?)。
妹にルーナちゃんがおり、とても妹思いでもある。
こちらはソルト君と比べて関わりは少ないが、オレとのツーショットの回数は、(ソルト君もいるスリーショットを除いても)実はソルト君より多い。



・推しキャラ
五十音順になってます。(多分)

-イチバ君
ライオンの男の子。
元気な性格でいたずら好き。


-エグネル君
水の力を持つと言われる、魔王の家系のドラゴン。
2017年の12月に初対面。以降はリメイクされるごとに1回はツーショットしている。
幼いながらもその凛とした立ち振る舞いには、オレも感銘を受けている。


-かげ丸君
2018年2月に初対面した、猫忍者。
会う回数はさほどではないが、会うたびとても優しく接してくれる。
実はちょっとドジっ子。


-キリカちゃん
2020年2月に初対面し、ツーショした犬のキャラクター。
ドールとしての一面と、ケモノとしての一面を併せ持つ。

実は、オレの理想のお姉さん像に近いようだ…。


-クラウン君
サーカス団のような意匠のあるタヌキさん。
礼儀正しく背も高くスタイルも良い。


-コテツ君
カワウソの男の子。
気さくで話しやすく、そしてとにかくかわいくてかっこいい。


-シエル君
空色のオス猫。
とてもかっこ良い。


-茶々丸君
2019年12月に初対面した、虫猫。
植物の研究をしているらしい。
大きな手と白いもふもふの体、所々に見受けられる葉っぱをイメージした緑色が特徴。


-チェルナちゃん
黒猫の女の子。
2007年9月に初対面し、同年12月に初ツーショットする。
ちょっと気難しいが、凛とした立ち振る舞いが逆に可愛い。

実はオレとは、とある事情があったらしい…。
(詳しくは、経歴を参照。)


-チョコ君
その名の通り、チョコレート色の犬の男の子。
2019年9月に初対面。
長身でありながら、すごくもふもふ。


-デジ丸君
2017年8月に初対面した、サイバー犬。
2020年2月のみけこんにて、ツーショットを手に入れる。

これにより、なんと後述のトースト=C=ナジャ様を超える、2年半というツーショまでの期間を持つこととなる。
現在、ツーショまでの期間が1番長いキャラクター。


-トースト・C・ナジャ様
知る人ぞ知る魔導犬。
2017年の12月に初対面したが、ツーショットしたのは2019年6月が初。
厳格で神々しさすら感じる立ち振る舞いと裏腹に、誰にでも親切に接してくれる。オレも最初は、その神々しさゆえ近づけなかったが、1年以上通して再会した際には、ツーショを通してその内に秘めた優しさに惹かれる。

1年というブランクは、デジ丸君に次いで2番目に長い期間である。


-にゃん吉君
キャラ自体は前々から知っており、2017年の9月に初対面。
兄にしろまる君という猫がいる。
会う回数は少ないものの、元気かつとても素直な性格。


-のぁちゃん
黒猫の女の子。
2018年4月のけもケットで出会い、同年6月に初ツーショット。
とても可愛いだけでなく、性格も優しい。
実は、オレの理想の妹像に1番近い存在でもある。


-犬飼ペペ君
ぬいぐるみに取り憑いた狐の妖怪…らしい。
かw…かっこよく、さらにイケメン(同義語では?)。


-ボルテ君
モフモフの犬ドラゴン。
2018年のけもケットで出会い、同年6月に再会。
ハグやツーショットを通して、一瞬のうちに友達になった。
また、相談役にもなってくれる。


-マヨリカちゃん
レッサーパンダの女の子。
クラウン君と同じオーナーさんを持つキャラクターさんで、良きお姉さん的キャラクター。ちなみに、そのオーナーさんのところに来たのは、クラウン君より後らしい…。


-マルビナちゃん
合成生物。2018年2月に初対面。
大きな手が特徴で、時にハグもしてくれるなど、心優しい性格。


-ももきち君
ピンクの犬の男の子。
2017年の9月に初対面したが、ツーショットしたのは2018年7月のパンフェスが初と、ナジャ様に次いでツーショまでの期間が長い。


-由茶君
フェレットの男の子。
2019年6月に初対面し、2020年2月にツーショする。
のんびり屋で、時々大ボケかますお調子者。


-レティちゃん
ファードラ3姉妹の末っ子。
他の姉妹と違い、大きな翼を持っている白と青を基調としたドラゴン。
その翼はまるで天使のようである。

ちなみに姉達として、
ピンクの体と比較的長めの尻尾が特徴のティティ、
緑の体と、葉っぱを彷彿とさせる尻尾と頭の白い花が特徴のリティがいる。

好きなものタグ

苦手なものタグ

カウントデータ

フォロー378 いいね805
フォロワー106 リスト3
ツイート5,482 平均ツイート5.5 / 日

日付データ

Twitter歴998日 プロフ作成日2019/12/08 21:07
Twitter登録日2019/02/04 02:19 プロフ更新日2021/08/20 12:15
API取得完了2021/10/28 19:13 API取得予定2021/10/28 19:28