自己紹介

自己紹介はありません。

もっと自己紹介

まずは、読んでくれてありがとう(​ *´꒳`*​)

このアカウントは
主に闘病記録と私の日常を載せます。
ですが…
たまにネガティブ発言するので注意です⚠️

名前→みぃぽん

由来→高校時代の担任の先生が付けた(笑)

性別→🚺/年齢→20歳

日中活動→週2〜週3で就労継続支援B型通所中

精神科通院は高校1年の冬〜現在は週一の診察

これまでに診断された疾患🏥

軽度知的障害¦発達障害¦発達性協調運動障害

鉄欠乏性貧血¦緊張型頭痛¦気管支喘息

適応障害¦睡眠障害¦自律神経失調症

不安障害¦PTSD¦低身長¦円形脱毛症

その他⤵︎ ︎

暗所恐怖症¦嘔吐恐怖症¦集合体恐怖症

HSP気質¦感覚過敏(特に聴覚と嗅覚)

私のこれまでの過去🕊𓈒 𓂂𓏸

0〜5歳

私は産まれた時、超低出生体重児の双子で
更に心臓病を持って産まれました。
双子の姉も同じ疾患で産まれ
1年後に天使になりました
当時は入院ばかりで
自宅での記憶は3歳からしかない。
3歳の頃に保育園入園。
その頃から児童虐待で通報されてたようです。
(書類に書いてあった。)
私自身なぐられた記憶もしっかりあって
今でも忘れられないのは
真冬にタンクトップ1枚で外まで蹴られて
外に放置された記憶。
その頃の私は殴られるのが当たり前の生活。
5歳の頃に心室中隔欠損の手術を受けて退院
退院後に家が火災にあい妹と共に一時保護。
その後、今までの虐待の事もあり
児童養護施設への入所が決定。

6歳〜小学校卒業まで

施設入所後に転校先の小学校で受けた
知能検査で軽度知的障害/発達障害
発達性協調運動障害が発覚。
そのまま特別支援学級に在籍。
火災や虐待の影響で急性ストレス障害と診断
その後は職員やユニットの子と生活を送る日々
だけど…施設でも殴られたりする事があり
返事が出来ないだけで幼児ユニットに
(当時、妹が居たユニット)
無理やり連れていかれたり…
ちょっと反抗的な態度見せたら
スリッパで殴られたりした。
その生活は小学校4年生くらいまで続いた。
ユニットの子に虐められたりする事もあった。
職員の過度な対応が発覚してから
ルール見直しで穏やかな施設になり…
安心して生活が送れるようになったけど
私は小学校で虐めを受けていた。
きっかけは支援級に在籍してる事。
虐めは卒業まで続き円形脱毛症を発症。
担任が変わる度に被害を訴えるけど
何も意味は無かった。
小学5年の時に低身長の治療のため
成長ホルモンの注射を打つ生活が始まり
発達性協調運動障害の為のリハビリに通ったり
心室中隔欠損の経過観察に行ったりと
通院の多い小学校時代だった。
同時期に療育手帳取得。

中1

中学は当時の主治医と職員の勧めで
特別支援学校へ
中1の秋に母がアルコール依存症の影響で
多臓器不全によって死去。

中2

成長ホルモンの注射治療が終了。
Ladiesdaysが来るようになってから
重度の鉄欠乏性貧血を発症。
ある時、些細なことがキッカケで
先輩からのイジメを受けるようになった。
虐めは先輩が卒業後に自然消滅。
児童生徒会副会長に立候補して当選。

中3

副会長になり
学部のリーダーとして頑張っていた。
その頃、担任の先生が別の支援学校へ
高校受験を勧めてきた。
当初は行くつもりもなかった。
だけど見学や体験を重ねる度に
「行ってみようかな」と思い1人だけ
別の支援学校へ受験そして合格。
担任の先生は泣いて喜んでくれた。

高1

全てが新しくなったものに身を包み入学。
教室の第1印象は寝てる…!?(笑)
入学も終わり施設が遠方な事から寄宿舎生活。
ある時1人の男子生徒から
「お前、身体障害者やん」と言われた事が
きっかけで学年に変な噂が広まり
虐められるようになった。最初物で殴られたり
悪口言われたりと陰湿なものばかりで
日に日に悪化していった。
担任の先生も必死に止めてくれたけど…
当時の私のクラスは
学年1やばいクラスと話題だった。
その為イジメが無くなることなく私は不登校に
同時期に
寄宿舎生活を辞めて児童養護施設から通学。
学年主任から
退学届けを突き出された事もあったが
担任の先生のおかげで辞めずに済んだ。
でも、辛くて自傷行為に手を出す日々。
苦しさから逃れるために毎晩、必死に傷つけた
職員も学校も手に負えなくなり児童精神科受診

高2

不登校だったものの無事に進級。
ドキドキのクラス替えと担任発表。
春休み中は不安で泣いてばかりいた。
クラス替えは仲良くしてくれてた子と一緒で
担任の先生も変わらなかった。
でも、自傷行為は辞められず不登校は続いた。
夏休み明け仲良くしてくれた友達が退学した。
理由は
生徒指導の多さから辞めざるおえなくなった。
悲しくて辛かったけど…その反面…
担任の先生との時間が増えたのが嬉しかった。
修学旅行も悩んだが行くことが出来た。
補習を受けて進級。
しばらく通院を続けてるうちに
適応障害、睡眠障害と診断されました。
(後から書類で発覚。)


高3

またもやクラス替えと担任発表にドキドキして
不安で泣いてばかりいた春休み。
クラス替えは
楽しそうなメンバーばかりで安心した。
担任発表は新任式の1番最後に行われた。
不安で怖くて気づけば倒れて保健室に居た。
担任の先生が自ら保健室で発表してくれた(笑)
結果、3年目も変わらず大好きな先生でした。
欠席をしないを目標に辛くても
遅刻で学校に行くようになった。
当時のいじめっ子達も
見違えるくらい優しくしてくれた。
月日が流れ本格的に就職活動が始まった。
沢山の会社に実習に行ったけど…
言われた一言は
「自傷行為のある子は受け入れられません」
そう告げられた。それが辛くて
ダメってわかってるのに自傷行為を繰り返した
初めて担任の先生と揉めた。
その後、一時期だけだったけど自傷を抑えて
自傷行為に理解のある病院に就職。
そして、無事に卒業できた。
卒業と同時に児童養護施設を退園。

社会人

児童養護施設からグループホームへ入居。
学生時代から児童精神科受診してたが
職場も病院との事で病院を変えた。
就職してわずか4ヶ月で対人関係からの
不安から通勤できなくなり退職。
その後も就労支援を転々としたものの
やる気も自信も夢も無くして
引きこもるようになった。
家族に責められ怒られた。
「生まれてこなきゃ良かったのに」と言われた。
通院も困難になり辞めたが
グループホームの人から「通院はして欲しい」と
言われ現在の精神科を受診。
今の主治医に出会い貧血と栄養失調で
働くことドクターストップ。
それから数ヶ月後に解除になるも
いい就労先がなく生活保護を受ける事に。
去年の7月に希死念慮に耐えられなくなり
緊急で精神科に入院。
初めてだったから怖かった。
入院時に不安障害.PTSD.自律神経失調症と診断
その後、冬にも再入院をして
支援員さんと面談を重ねて色々な職場見学して
現在の就労B型に就労することになった。
未だに色々な事はあるけれど…
現在は昔よりは安定した生活を送れてます。

カウントデータ

フォロー40 いいね332
フォロワー38 リスト1
ツイート60 平均ツイート0.2 / 日

日付データ

Twitter歴272日 プロフ作成日2021/10/01 23:27
Twitter登録日2021/09/29 23:13 プロフ更新日2021/10/03 21:35
API取得完了2021/10/07 23:02 API取得予定2021/10/07 23:17