自己紹介

原点にして頂点、米津玄師(@hachi_08) /邦ロックに染まる高校生/partner(@momo_yonezulove)/Favorite songs、Past concertsなど詳しくはこちら→https://twpf.jp/HachiYonezuLove

もっと自己紹介

関東在住のFDK米民です。
米民歴は6年ほどになります。
小学5年生の時に、YouTubeで「メランコリーキッチン」を聴いて、衝撃が走りました。まさに革命、あの瞬間私の人生は大きく動かされました。

「米津玄師」という存在を知ったのはそれから1年ほど後になります(ですので、厳密に言えば米民歴は5年かも知れません。永遠にメランコリーキッチンのみを聴き続けていた時期があったのは自分でも衝撃ですw)
彼との出会いをキッカケに、ボーカロイドや他のアーティストを知るなど音楽が私の人生の糧になっていきました。

人間関係で悩んだ時、結果が出せず苦しんだ時、受験勉強の辛さやプレッシャーと戦っている時、私を支えてくれたのはいつも彼の音楽でした。今までもこれからも彼は私の光です。

「1番好きな曲はなんですか?」と問われる場面が多くあります。毎度返答に困るのはもはや米民あるあるだとは思うのですが(笑)私の1番はやはり「メランコリーキッチン」です。私の人生を変えてくれたあの歌を、いつか生で聴くのが私の夢です。

他に好きな曲を大きくカテゴライズすると2種類、「ラブソング」と「カップリング」になります。

まず1つ目のラブソング。音楽の定番とも言えるジャンルですが、彼の曲から伝わってくるものは何かが違います。恋愛への前向きな姿勢でもない、諦めでも未練でも次への期待でもない。私の語彙では上手く表現しきれないものが彼の歌には乗せられています。
〜これからも同じテンポで生き続けたら 地球の裏側でいつかまた出会えるかな〜 byメトロノーム
〜あなたといる不自由だけが 私を自由にしていたんだって 気づいてしまったんだ〜 byシンデレラグレイ
16年で私も様々な恋をしました。これからもきっとしていくでしょう。そんな時胸が張り裂けそうになる曲ばかりです。音楽の力というものが非常に色濃く現れていると思います。

2つ目のカップリングですが、B面と呼ばれるこの楽曲たちには、米津さんの音楽の個性がより激しく現れているように思います。
世間を震撼させたあの名曲「Lemon」。そのカップリングが「クランベリーとパンケーキ」だなんて、だれが想像出来たでしょうか。その他にも数多の名曲が存在します。個人的に1番好きなのは「ぺトリコール」
〜怖がって躊躇してどうしようもなく彷徨う亡霊 誰かのせいにしてしまいたい それすらどうも難しい〜
誰かのせいにすることも難しい。そんな葛藤を言葉として表すことが出来るのは彼だけだと思います。
年齢を重ねてから、より響くようになったものが多いです。

私が好きな米津さんの歌詞をあげてみました。
皆さんのお気に入りもあるでしょうか?

間違いか正解かだなんて
どうでもよかったんだ

いいよ あなたとなら いいよ
もしも最後になにもなくても

たった一瞬の この煌めきを
食べ尽くそう 二人で
くたばるまで

今サイコロ振るように
日々を生きて
ニタニタ笑う意味はあるか

わたしは未だにあなたへと
渡すブーケを作る
陰気なデザイナー

あんなにそばに居たのに
まるで嘘みたい
とても忘れられない
それだけが確か

ずっと羽ばたいていた
未来へ向かう 旅路の中
道の正しさは風に託して
ただ進んでいけ

人を疑えない馬鹿じゃない
信じられる心があるだけ

どうか騙しておくれ
「愛」と笑っておくれ
いつか消える日まで
そのままでいて

もうよそう 思い出はメロウ
前頭葉切ろう なんて妄想

曖昧な意識でさまよった
摩訶不思議なアドベンチャー
虚しさを抱えたまんま
愛を使い果たした

遠く離れたものは
美しく見えてしまうから
思い出になってしまう前に
全て伝えたい

もう一度 初めから歩けるなら
すれ違うように 君に会いたい

きっと夢は叶うなんて嘘を
初めから信じちゃいなかった

痛みも孤独も全て
お前になんかやるもんか

消せない記憶と苦しみの中で
終わりが来るのをただ待つだけ

ただどこでもいいから
遠くへ行きたいんだ
それだけなんだ

先を急いだ 英智の群れが
壊したものに 僕らは続いた

君が思うよりも君は
僕の日々を変えたんだ

あたしはゆうれい
あなたは知らない
涙の理由も その色さえも

いつかもし僕の心が
完全に満たされたとしたなら
その瞬間に僕は引き金を引きたい

バイバイいつの日か
また出会おうぜ
いつになるのかは知らないけど

これからも同じテンポで生き続けたら
地球の裏側でいつか
また出会えるのかな

曖昧な作りの
間違い探しみたいだった
何が間違いで
何が正しいかわからない

あなたという不自由だけが
私を自由にしていたんだって
気づいてしまったんだ

何も手に入れちゃいないのに
無くしていく気がするんだ
どうして

いつだってその手に丁度いい
憎める敵を探している
そうやって独りを吊し上げ
皆で笑い合うんでしょ

キスをして 笑いあって
悪戯みたいに生きていこう

そうかそれが光ならば
そんなもの要らないよ僕は

僕の欠けたところと
君の欠けたところを
何故かお互いに持っていた

誰かのせいにしてしまいたい
それすらどうも難しい

あなたが思うほど あなたは悪くない
誰かのせいってこともきっとある

誰かの居場所を奪い
生きるくらいならばもう
あたしは石ころにでも
なれたならいいな

あなたがそばにいない夜の底で
嫌ってほど自分の小ささを見た

岩屋の影に潜み
あなたの痛みも知らず
嵐にひるむ俺は
のろまな山椒魚だ

こうしてひっそりと
時が進むまま
死ねたら僥倖さ

ここは永遠を刻んで潰した
生者と死者の 確かな隙間

この胸に空いた穴が今
あなたを確かめるただ一つの証明

今は痣だらけの宇宙で
愛とも言うその暴力で
君と二人で喧嘩したい

意味なんてない
退屈で美しいんだ

いけないと知りながら
愛されたいのはあなただけ

言葉にすると嘘くさくなって
形にするとあやふやになって
丁度のものはひとつもなくて
不甲斐ないや

この落書きみたいな毎日が
年老いたその時も変わらずに
褪せた色に続いていけばいい

言いたいことが
だんだん増えて
言えないことが
沢山増えた

何でもないような秘密作って
二人は共犯者になって




米津さんとの出会いをキッカケに「音楽」という媒体自体に興味を持ち、今では様々なアーティストを応援しています。
ずっと真夜中でいいのに。、須田景凪/バルーン、秋山黄色、神山羊、Vanundy、優里、yama、ヨルシカ、King Gnu、Eve、YOASOBI、703号室…etc.をよく聴きます。

特に拒否等はありませんが、米津さんを呼び捨てにする方だけはどうしても苦手です。私自身他のアーティスト様全てに敬称をつけるかと問われるとそうでは無いので人のことは言えないのですが…少しワガママだと思って聞き流してください。

以下ライブ経歴になります。

2019.3.10 米津玄師
脊椎がオパールになる頃
in幕張メッセ 参戦

人生初参戦となったライブです。
間違いなく私の人生最高の瞬間でした。
ステージの輝き、会場の熱狂、今でも鮮明に思い出すことができます。
音楽に魅せられた瞬間でした。
https://twitter.com/hachiyonezulove/status/1105032184652414976?s=21

2019.9.3 米津玄師
鏡の上映会
in表参道ヒルズ 参加

MVとしては初めて見た「馬と鹿」。その美しさと迫力に圧倒されたのを覚えています。
会場の設定から演出まで全てでひとつの作品のようでした。
彼を応援していてよかった、彼の輝きを見られてよかったと改めて思った瞬間でした。
https://twitter.com/hachiyonezulove/status/1168813548933271552?s=21

2020.3.17 米津玄師
TOUR/HYPE
inさいたまスーパーアリーナ 当選・中止

誰が悪い訳でもない。
未曾有の危機、天災に対していくら怒りを募らせても意味は無い。
でもだからこそやるせない気持ちを消化することが出来ない。
ただ、この状況で生み出された「STRAY SHEEP」の楽曲たちは、この状況下でしか出会えないものだったはず。
「音楽は続く」そう言ってくれる人を私は尊敬し追いかけて来た。だから待つ。いつか来るHYPEの「続き」を。
https://twitter.com/hachiyonezulove/status/1235481515334615040?s=21

2020.11.7、8 King Gnu
ceremony
in東京ガーデンシアター 落選

2020.11.29 ずっと真夜中でいいのに。
やきやきヤンキーツアー(炙りと燻製編)
in東京ガーデンシアター 参戦

米津さん以外では初めてのライブでした。
JK BOMBERのイントロから自然と溢れた涙が止まりませんでした。
コロナ禍でACAねちゃんたちが作り上げたあの空間。同じ時間を共にできたことを非常に嬉しく思います。
https://twitter.com/hachiyonezulove/status/1333009709306036224?s=21

2020.3.13 須田景凪
HALL TOUR Billow
in LINE CLUB SHIBUYA 参戦予定

2020.3.27 yama
1st LIVE TOUR meaning of life
in渋谷CLUB QUATTRO 参戦予定

無事に開催できることを祈っております。

ここまで読んでくださった方々、本当にありがとうございます!
自己紹介のつもりでしたが、完全に自分語りになってしまいましたね。
最後に一つだけ。私がTwitterを始めたのは2018年12月30日の夜12時頃でした。アプリの入らないガラケーで何か出来ないかと試行錯誤を重ねた結果たどり着いたのがTwitterでした。今ではこんなに沢山の方々と繋がれたこと、改めて感謝いたします。米津さんが、そして音楽がくれたこの出会いに感謝しながら、いつか米津さんに会える日を夢見て頑張っていきたいと思います。

更新日2021年2月18日 消息通知人

パーソナルタグ

カウントデータ

フォロー3,025 いいね30,450
フォロワー3,036 リスト29
ツイート16,658 平均ツイート19.3 / 日

日付データ

Twitter歴862日 プロフ作成日2020/06/14 23:27
Twitter登録日2018/12/30 00:00 プロフ更新日2021/02/18 17:58
API取得完了2021/05/09 04:48 API取得予定2021/05/09 05:03