自己紹介

法律書を読んで140字に圧縮してます。勉強のモチベーション維持,整理,保存,確認用。大事な所の抜け落ち,短すぎ,理解不足による間違いありえます。ご指摘有難いです。憲法,行政法;民法,商法;刑事系等。http://twpf.jp/right_droit, @right_droit2, @right_droit3

もっと自己紹介

▼I've been squeezing legal writings into 140 characters. It is useful for me to know the essence of writings. And creating these tweets motivates me to learn laws regularly. [Aug.13,2017, Feb. 5, 2018]

▼法律書等を読んで140字に圧縮しています。勉強のモチベーション維持,整理,保存,確認用。判決文の記述・理論のままでない所もあり,大事な所の抜け落ち,短すぎ,理解不足による間違いありえます。ご指摘有難いです。

論述744/ JPLaw for test-taking 計589(憲法81,行政法54。民法102,商法126,民訴法44,要件事実10。刑法84,刑訴法89。他2,はしがき1)。関連3。https://twitter.com/right_droit 合計数等,計算が合わなくなってます。数が多くて手間がかかり,現時点でチェックできません。ご容赦下さい。
/ JPLaw for test-taking 2 計150(倒産法71;要件事実9,民訴法70;はしがき1) https://twitter.com/right_droit_2

判例/ 憲法判例12,行政法判例2;民法判例16,会社法判例17,民訴法判例11,要件事実判例1,倒産法判例8;刑法判例28,刑訴法判例20
問題/ 憲法問題2,行政法問題1;会社法問題4,民訴法問題11,要件事実問題2,刑法問題7,刑訴法問題17

▼以下、時系列で、ツイート一部掲載。
2018年10月分ツイート:論述(民訴法2;刑訴法4);判例(憲法11,行政法2;民訴法9,要件事実1,倒産法1;刑法23;刑訴法20);問題(憲法2;民訴法10;刑法7,刑訴法17)
2018年10月20日(判例2)

刑訴法判例20/ 最決平10・5・1参照:令状により差し押さえようとするパソコン,フロッピーディスク等の中に被疑事実に関する情報が記録されている蓋然性が認められる場合に,#そのような情報が実際に記録されているかをその場で確認していたのでは記録された情報が損壊される危険があるときは,内容を確認せず,差押え可。
[古江賴隆『事例演習刑事訴訟法』初版92頁(刑集52-4-275)参照]

刑訴法判例19/ 東京高判平6・5・11参照:場所に対する捜索差押許可状の効力は,当該場所に現在する者が差し押さえるべき物を着衣・身体に隠匿所持していると疑うに足りる相当な理由があり,差押を有効に実現するためはにその者の着衣・身体を捜索する必要がある具体的な状況の下においては,その者の着衣・身体にも及ぶ。
[古江賴隆『事例演習刑事訴訟法』初版90頁(判タ861-299)参照]


2018年10月19日(論述1;判例1;問題1)
刑訴法判例18/ 最判昭30・12・9参照:強姦致死事件被害者Vの原供述『あの人は好かんわ,いやらしいことばかりする』を内容とする情夫Wの証言につき,Xが同意情交を主張する場合,V同意を否定する情況証拠として,Vの嫌悪感を立証するためなら,精神状態の供述(非伝聞)。#犯行自体の間接事実たる動機の証拠とするなら_伝聞
[上口裕『刑事訴訟法』2版379頁注5(刑集9-13-2699,米子「あの人は好かんわ」事件)参照。参考:古江賴隆『事例演習刑事訴訟法』初版232頁]

刑訴法89/ 747/ 証人W証言中,V原供述のうち『Xは嫌いだ』部分は,Xの犯人性が争点なら,関連性なし。行為主体性確定後,合意情交か強姦かが争点なら,V強姦致死罪立証に関連性あり,かつ非伝聞(#精神状態の供述)。『いやらしいことばかりする』部分は,#強姦動機を推認させる間接事実として内容真実性が問題となる伝聞証拠。
[古江賴隆『事例演習刑事訴訟法』初版232頁〔22〕(最判昭30・12・9刑集9-13-2699,米子「あの人好かんわ」事件)参照]

刑訴法問題17/ 古江事例演習刑訴法初版〔22〕参照:Xは,Vに対する強姦致死罪で起訴され,犯人性を否認したところ,証人Wは,検察官からの主尋問に対し,「Vから,生前,『Xは嫌いだ。いやらしいことばかりするから』と打ち明けられた」旨証言。弁護人は,伝聞排除されるべき旨の異議を直ちに申し立てた。異議は容認されるか。
[古江賴隆『事例演習刑事訴訟法』〔22〕参照]


2018年10月18日(論述1;判例1)
ニュース/ ①#手続保障:本件ツイートで原告の方が傷ついた(攻撃防御)→国民の感情(判決)。②事実認定(3:30-5:22):本件ツイッターを読んだ人はどう感じるか:原告すら言っていない,「原告が訴訟を起こしたこと自体がけしからん」と言ってるように,感じる旨,確たる証拠もないまま事実認定。
https://youtu.be/Maq-1Grk_LY?t=58

刑訴法88/ 746/ #供述証拠の内容は_ある要証事実を知覚_記憶_叙述することにより証拠となり_内容の真実性を立証するために用いられる。不正確な知識(見間違え,聞き間違え),記憶の喪失・混乱・入替え,故意・過失等による記憶と叙述の不一致などが生じるおそれあり。そこで,#伝聞証拠中_原供述者の供述の正確性_吟味要。
[緑大輔『刑事訴訟法入門』267頁参照]

憲法判例12/ 最大判平23・3・23参照:衆議院議員選挙を中選挙区制から小選挙区比例代表制にする選挙制度改革にあたり,小選挙区について各都道府県に一議席を配分し,残りの議席を人口比例で都道府県意配分する一人別枠方式は,最大格差が1対2.30まで拡大した2009(平21)年選挙において,#合理性はもはや失われ違憲状態。
[安西ほか『憲法学読本』2011年有斐閣204頁-205頁(判時2108-3),1人別枠方式とは - 新語時事用語辞典 Weblio辞書(https://www.weblio.jp/content/1%E4%BA%BA%E5%88%A5%E6%9E%A0%E6%96%B9%E5%BC%8F),参照]


2018年10月分(1日~17日)ツイート:102,論述(民訴法2;刑訴法2);判例(憲法10,行政法2;民訴法9,要件事実1,倒産法1;刑法23;刑訴法17);問題(憲法2;民訴法10;刑法7,刑訴法16)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/10/04/175248
2018年9月分ツイート75:論述19(民法8,商法10,要件事実1),判例48(憲法1;民法16,会社法17,民訴法2,倒産法7,刑法5),問題8(行政法1;会社法4,民訴法1,要件事実2)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/09/18/021238


▼以下、進捗状況
・憲法総論3。
・人権74。
・統治4。

・行政法54

・民法総則14,無権代理、時効ほか。
・物権総論14,
・担保物権7,
・債権総論29,
・契約総論3 - 解除,
・契約各論8,
・法定債権20,不当利得,不法行為。
・親族0,
・相続9

・会社法126
- 総論0、設立6、株式19、
- 機関48
(総説2、株主総会13、取締役会設置会社10、指名委員会等設置会社0、監査等委員会設置会社0、非取締役会設置会社0、役員等の義務・責任27)
- 計算3、資金調達4、企業の買収・結合・再編31、他0。

・商法総則・商行為、

・手形法

・民訴法114(含む,民執法1)

・要件事実19

・倒産法71 - 序論2,手続開始前3,破52(双方未履行双務契約,別除権,否認権),民再14 https://twitter.com/right_droit_2

・刑法総論50 - 序論,構成要件5(因果関係ほか),違法性8,責任14,未遂4,共犯18,罪数1。

・刑法各論31 - 生命・身体に対する罪3,自由に対する罪3,名誉に対する罪、財産に対する罪19。
- 社会的法益に対する罪2
- 国家的法益に対する罪。

・刑訴法86

・他2(刑法論点抽出1,2018年4月11日に考えたこと1),はしがき1


▼以下、過去ツイート保存URL
2018年8月分ツイート: 25(憲法1,行政法5;倒産法1;刑法3,刑訴法15)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/09/03/164840
2018年7月分ツイート: 28(商法12,民訴法9,要件事実3;刑法4)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/07/30/204432
2018年6月分ツイート: 16(憲法3,行政法5; 民法4,民訴法1; 倒産法3)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/07/06/180118
2018年5月分ツイート: 49 (憲法5,行訴法5; 民法8,民訴法2,要件事実1,倒産法10; 刑法3,刑訴法13; はしがき2)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/05/11/035523
2018年4月分ツイート: 58 (憲法8; 民法17,会社法10,民訴法5,倒産法5; 刑法11,刑訴法1; 他1)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/04/12/014416
2018年3月分ツイート: 59 (憲法16,行政法11;民法12,民訴法3,倒産法5;刑法5,刑訴法7)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/03/13/143612
2018年2月分ツイート: 49 (憲法7,行政法5;民法10,商法16,民訴法1要件事実2,倒産法2;刑法2,刑訴法4)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/02/17/191600
2018年1月分ツイート:13(行政法2;民法4,商法5;刑法2)
https://goo.gl/39ZMh5
12月分ツイート: 15 (憲法3,行政法2; 民法2,商法1,民訴法7)
https://goo.gl/cTXNF1
11月分ツイート: 12 (行政法1; 民法7,商法1,倒産法1; 刑訴法44)
https://goo.gl/BGzZ6i
10月分ツイート: 40 (憲法4; 民法2,民訴法25,倒産法3; 刑法6)
https://goo.gl/RHA1KP
9月分ツイート: 48 (憲法2、/債権総論1、契約法2、民訴法1、要件事実1、倒産法5、/刑法19、刑訴法16、/論点1)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2017/09/16/180351
8月分ツイート: 90 (倒産法7、/ 憲法4、行政法4、/ 民法9、会社法19、民訴法34、/刑法10、刑訴法3)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2017/08/12/163603
7月分ツイート: 30 (倒産法2、/商法22、民訴法3、/刑法3)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2017/08/03/012340
6月分ツイート: 37 (倒産法1、憲法4、行政法2、/民法7、要件事実4、商法8、民訴法6、/刑法1、刑訴法4)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2017/06/20/011738
5月分ツィート: 72 (倒産法16、憲法9、行政法10、/民法10、商法6、民訴法13、/刑法5、刑訴法3)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2017/06/02/004620
4月分ツィート: 72 (倒産法10、憲法15、行政法1、会社法15、民訴法2、刑法7、刑訴法16、要件事実6)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2017/05/19/155210


▼参照:
☆辰巳『趣旨・規範ハンドブック』。『判例百選』、『重要判例解説』、『判例講義』。LEX/DB。『基本から合格答案を即効で書けるようになる本』公法系、民事系、刑事系(「即効本」と略称する)。『工藤北斗の合格論証集』民法、商法・民事訴訟法。『判例プラクティス』。受験新報。有斐閣『法律学小事典』。TKC・新・判例解説 Watch。 ハイローヤー。伊藤塾『試験対策問題集論文』。

☆芦部『憲法』,木村草太『憲法の急所』,村田浩一『憲法合格答案の書き方』,小山『「憲法上の権利」の作法』。

☆『事例研究 行政法』,『LEGAL QUEST行政法』。


☆ダットサン『民法2』『民法3』,内田『民法Ⅰ』4版,『民法Ⅲ』3版,『民法基本判例集』,『事例から民法を考える』。四宮『不法行為(事務管理・不当利得・不法行為 中・下巻)』。

☆改訂『紛争類型別の要件事実』,『新問題研究 要件事実』,森圭司『要件事実の基礎』。

☆『LEGAL QUEST会社法』,江頭憲治郎『株式会社法』,『事例で考える会社法』。

☆司法協会『民事訴訟法講義案』,藤田『講義 民事訴訟』,『例題解説 民事訴訟法(二)』法曹会, 森圭司『ベーシック・ノート民事訴訟法』新訂版(2006年),『Law Practice 民事訴訟法』,和田吉弘『基礎からわかる民事訴訟法』。『ステップアップ民事事実認定』,『LEGAL QUEST 民事執行・民事保全法』。

☆山本和彦ほか『倒産法概説』,『例題解説 新破産法』,田頭『講義 破産法・民事再生法 重要論点の解説と演習』,山本和彦『倒産処理法入門』,山本和彦ほか『倒産法演習ノート』。


☆山口『刑法総論』『刑法各論』,平野『刑法概説』,西田『刑法各論』,団藤『刑法綱要総論』,大越『刑法総論』『刑法各論』有斐閣Sシリーズ。

☆古江賴隆『事例演習刑事訴訟法』,寺崎『刑事訴訟法』, 司法協会『刑事訴訟法講義案』,小林充『刑事訴訟法』,『捜査法演習 理論と実務の架橋のための15講』『刑事公判法演習 理論と実務の架橋のための15講』,森圭司『ベーシック・ノート刑事訴訟法』新訂版(2006年)。

カウントデータ

フォロー550 お気に入り14
フォロワー278 リスト4
ツイート24,719 平均ツイート45 / 日

日付データ

Twitter歴549日 プロフ作成日2017/04/30 15:15
Twitter登録日2017/04/22 03:25 プロフ更新日2018/10/20 15:47
API取得完了2018/10/22 18:26 API取得予定2018/10/22 18:41

right_droitのブログ