自己紹介

法律の基本書等を読み140字に圧縮してます。勉強モチベーション維持,整理,保存,確認用。大事な所の抜落ち,短すぎ,理解不足による間違いありえます。民法@right_droit8,民訴法,倒産法等@right_droit2,刑法@right_droit3,刑訴法@right_droit7

もっと自己紹介

▼I've been squeezing legal writings into 140 characters. It is useful for me to know the essence of writings. And creating these tweets motivates me to learn laws regularly. [Aug.13,2017, Feb. 5, 2018]

▼商法(会社法),原稿/
Ⅰ 設立,株式 (18ヶ) http://tl.gd/n_1sqra6v
 ① 設立(5ヶ) http://tl.gd/n_1sr0ak9 #1
 ② 株式の譲渡,担保化など(11ヶ)作成中
 ③ 投資単位の調整(6ヶ)
Ⅱ 機関総説,株主総会 (33ヶ) http://tl.gd/n_1sqravj
 ④
 ⑤
Ⅲ 取締役,取締役会,代表取締役 http://tl.gd/n_1sr1h4r (16ヶ)#2
Ⅳ 役員等の義務と責任 (44ヶ) http://tl.gd/n_1sqrb1j
Ⅴ 会計と開示,資金調達 (4ヶ) http://tl.gd/n_1sqrb1o
Ⅵ 企業の買収,・結合・再編 (35ヶ) http://tl.gd/n_1sqrb2a
  会社法など,追加分 (6ヶ) http://tl.gd/n_1sqrd0o
 ツイッターボットに登録していない分も含まれています。時間を見つけて登録します。

R01(令元)予備#1

▼各科目満遍なく勉強するために,自分で勉強した順にナンバーを振ります(2月)。
憲法 #3
行政法
民法
商法
民訴法
要件事実
民執・民保法
倒産法 #2
刑法 #1
刑訴法

▼分類
☆事案(設例,問題)/ 憲法事案17,行政法事案20;民法事案11(含む:総則物権事案8;債権法事案1),商法事案7,民訴法事案13,要件事実問題3,民執法事案1,倒産法事案1;刑法事案15,刑訴法問題事案19

〇判例(年月日を付したものなど)/ 憲法判例23,行政法判例2;民法判例22,商法判例17,民訴法判例13,要件事実判例1,倒産法判例8;刑法判例28,刑訴法判例21

◇その他(理論,論述,知識ほか)1161
/ 憲法112,行政法80
/ 民法153
/ 商法154
/ 要件事実10+12;民訴法128,民執法2;倒産法83
/ 刑法247,刑訴法130


▼以下、時系列で、ツイート一部掲載。@right_droit
2020年2月ツイート:その他(憲法2)
2020年2月17日(その他1)

◇宗教上の行為の自由(宗教的行為の自由,宗教的結社の自由)の限界
憲法112/ 1161/ #宗教上の行為の自由は,信仰の自由と違い,公共の安全,公の秩序,公衆の健康・道徳,他者の基本的権利・自由保護のため必要な制約に服するが,#必要不可欠な目的を達成するための最小限度の手段でなければならない。行動の自由規制とはいえ,内面的な信仰の自由に深くかかわるので,慎重な対処が求められる。
[芦部『憲法』5版(2011年)153頁,国際人権規約(自由権規約)18条,参照。R01(令元)予備]


2020年2月11日(その他1)
◇信教の自由の保障の限界
憲法111/ 1160/ ①内心の信仰に関する限り,19条同様,絶対的保障。②信仰の表現としてされた特定行為が,他者の人権と衝突する場合:厳格な審査基準(#必要不可欠な目的を達成するための最小限度の手段の有無か)による。but:当該行為のもたらす害悪でなく,信仰自体を悪として,行為を処罰・規制する⇒20条1項前段,2項違反。
[辰巳『趣旨・規範ハンドブック 公法系』5版45頁参照。R01(令元)予備]


2020年1月ツイート:その他(刑法3)

2020年1月31日(その他1)
◇本来の行為共同説
刑法247/ 1159/ 行為共同説:#犯罪行為の全部にわたり共同である必要はなく_一部の共同でもよい。例:Aは強盗目的,Bは強姦目的で,相互に相手の目的を知らず,共同でXに暴行したが,目的不達成の場合,A強盗未遂,B強姦未遂で,暴行の限度で共犯。相手が加えた暴行の結果たる傷害にも責任負う。罪名必ずしも同じでなくていい。
[平野『刑法』総論Ⅱ(1975年)364頁-365頁参照]


2020年1月25日(その他2)
◇共犯の従属性
刑法245/ 1157/ 共犯の従属性は,①実行従属性,②要素従属性,③罪名従属性に分けうる。①正犯が現実に実行行為をしたことは,共犯成立要件か(#教唆したが_正犯が実行しなかった場合の教唆未遂の取扱い),②正犯行為に,TB該当,違法,有責,処罰条件という要件具備をどこまで要求するか,③共犯は正犯と同じ罪名であるべきか
[平野『刑法』総論Ⅱ(1975年)345頁-346頁参照]

刑法246/ 1158/ 実行従属性は,正犯行為(実行行為)が可罰的な段階に至ることを,共犯の成立要件とするものと解される。#これは未遂犯のTB該当性判断に帰するのであり,要素従属性(正犯行為はいかなる要件を備える必要があるか)に既に含まれている。罪名従属性も,#要素従属性による拘束をどのように理解するかに帰着する。
[山口『刑法総論』3版325頁-326頁,実行行為については,6頁LL6,参照]


2019年12月ツイート6ヶ:その他(行政法4;民訴法1;刑法1)

2019年12月25日(その他3)
◇勧告の処分性(肯定する見解)
行政法78/ 1154/ 「勧告」(大規模小売店舗立地法9条1項)は,#制裁的な公表によって実効性が担保されており,また,公表の違法を事後的に争っても救済としては不十分である。このような勧告を行政指導と理解するとしても,#機能的には行政行為に近い役割を果たすのであり,手続き上あるいは争訟上,行政行為に準じた扱い可能。
[『事例研究 行政法』2版(2011年)日本評論社245頁-246頁参照。R30予備Q1]

◇勧告の処分性(原則,処分性否定,一定の場合,処分性肯定)
行政法79/ 1155/ 「勧告」(大規模小売店舗立地法9条1項)は,制裁的公表により実効性を担保,また,公表の違法を事後的に争っても救済として不十分。but,#勧告自体で事業者の法的地位が直接変動する関係にはないので,行政指導にとどまり,行政処分性なし。/勧告後,相当程度の関連性をもって拒否処分なされる⇒処分性肯定可。
[『事例研究 行政法』2版(2011年)日本評論社245頁-246頁(最判平17・7・15民集59-6-1661,病院開設中止勧告取消訴訟判決)参照。R30予備Q1]

◇公表の法的性格,処分性(肯定する場合,ただし一般的な理解ではない。)
行政法80/ 1156/ 「公表」は,国民・消費者への情報提供,or,行政上の義務不履行や指示・勧告等の行政指導に対する不服従の場合に,氏名や事実を公に周知させ,社会的非難により間接的に義務履行・服従を促す,法令遵守のための実効性担保手段。後者の制裁的な公表は,#権力的事実行為(「その他公権力の行使に当たる行為」)。
[『事例研究 行政法』2版(2011年)日本評論社246頁-247頁,『LEGAL QUEST 行政法』3版217頁,行政事件訴訟法3条2項,参照。R30予備Q1]


2019年12月11日(その他1)
◇行政および行政法とは
行政法77/ 1153/ 行政:国家作用のうちから立法と司法を除いたもの(控除説)。現行国内法(約1900)の大半は行政に関する法(行政法)関係(千数百にのぼる)。後始末的解決を係る民事法,刑事罰で取り締まるべきか否かに係る刑事法では足りないところを補うため,#行政の組織と作用に関する法・救済に関する法たる行政法がある。
[『LEGAL QUEST 行政法』3版1頁-3頁参照]


2019年12月10日(その他1)
民訴法128/ 1152/ 一部請求と相殺:債権総額を確定し,#その総額から自働債権額を控除し残存額を算定した上,原告請求の一部請求額が残存額に収まるときはそのまま認容,残存額を超えるときはその残存額限度で認容すべき(外側説)。一部請求額だけから自働債権額を控除するものでも,一部請求額の割合で認容するものでもない。
[『民事訴訟法講義案』再訂補訂版282(最判平6・11・22民集48-7-1355,最判昭48・4・5民集27-3-419)頁参照]


2019年12月3日(その他1)
◇共同正犯の因果性
刑法244/ 1151/ 刑法60条は,正犯拡張規定で,共同行為とTB該当事実間の因果性(処罰根拠論)に基づく。#この因果性は_単独正犯と比べ_条件関係_結果回避可能性不要という点で,拡張されている。
ABが被害者を狙い,殺人意思を通じ,同時に拳銃発射,A銃弾で被害者死亡,B銃弾外れた場合,B行為と被害者死亡間に条件関係等なし。
[山口『クローズアップ刑法総論』(2003年)第6講240頁参照]


2019年11月ツイート21:事案(憲法3,行政法1;民法2,商法1,要件事実1,民執法1,倒産法1;刑訴法2);その他(憲法3;民訴法1;刑法5)

2019年11月27日(その他1)
◇純粋惹起説
刑法243/ 1150/ 共犯処罰根拠たる法益侵害の間接的惹起を,共犯の立場から見て,正犯を通じ,法益侵害結果(TB該当事実)を惹起することと理解し,共犯成立要件に関し,#正犯にTB該当性のない場合も共犯成立しうるとする見解を,純粋惹起説という。従属性否定,正犯なき共犯肯定だが,現行法の教唆,幇助概念の逸脱との批判あり。
[山口『刑法総論』3版312頁-313頁参照]


2019年11月24日(その他3)
◇未遂の教唆
刑法242/ 1149/ 未遂成立のためには,実行行為を惹起する意思に加え,#既遂を惹起する意思が必要なのと同様,教唆の要件として,正犯に犯罪遂行意思を惹起する認識・予見と共に,#正犯によって既遂が惹起されることの認識・予見を要する。∴未遂の教唆(アジャン・プロヴォカトゥール)には,#教唆の故意が認められず,不可罰。
[山口『刑法総論』3版334頁-335頁参照]

◇混合惹起説
刑法240/ 1147/ 共犯(教唆,幇助)は,TB該当事実を惹起したことにつき第1次的責任を負う正犯の背後に位置し,#その者に影響を与えTB該当事実を間接的に惹起するにすぎない第2次的責任類型。背後者としての共犯の罪責は,結果を直接惹起した者に,刑法が否認対象とする(#TB該当_Rw)事実の直接惹起があって初めて認められる。
[山口『クローズアップ 刑法総論』第6講236頁参照]

刑法241/ 1148/ 正犯行為に①#TB該当性と②#Rw性が認められることが,従属的な関与形態たる共犯(教唆,幇助)の成立要件として必要(共犯の従属性の要件)。これに,共犯処罰根拠として因果共犯論(惹起説)に基づく処罰要件である,③#法益侵害に対する因果性,それに対する④#有責性が認められる限り,共犯のTB該当性を肯定可。
[山口『刑法総論』3版314頁-315頁参照]


―――――
▼以下、過去ツイート保存URL
2019年11月ツイート(1日-23日)17ヶ:事案(憲法3,行政法1;民法2,商法1,要件事実1,民執法1,倒産法1;刑訴法2);その他(憲法3;民訴法1;刑法1)
http://tl.gd/n_1sr2qq6
2019年10月ツイート33:事案(刑法8);その他(憲法2,行政法1;民法4,商法1,民訴法1,民執法1,倒産法1;刑法11,刑訴法3)
http://tl.gd/n_1sr1hac , http://tl.gd/n_1sr272r
2019年9月ツイート20:その他(民法4,商法1,民訴法1,倒産法5;刑法9)
http://tl.gd/n_1sr17ja , http://tl.gd/n_1sr1eaj
2019年8月ツイート16:その他(民訴法7;刑法9)
http://tl.gd/n_1sr0ud0
2019年7月ツイート6:その他(憲法1;商法2,民訴法2;刑訴法1)
http://tl.gd/n_1sr08ae
2019年6月ツイート:36,その他(憲法2,行政法5;民法3,会社法5,民執法1,要件事実1,倒産法4;刑法12,刑訴法3)
http://tl.gd/n_1sqtvij , http://tl.gd/n_1squg44
2019年5月ツイート:9,その他(憲法1;民法1,民訴法3;刑法4)
http://tl.gd/n_1sqtqlv
2019年4月ツイート:29,その他(憲法3,行政法5;会社法1,倒産法2;刑法2,刑訴法16)
http://tl.gd/n_1sqt9fb , http://tl.gd/n_1sqs93n
2019年3月分ツイート:80,その他(民法1,商法11,民訴法10;刑法50,刑訴法8)
http://tl.gd/n_1sqro6k , http://tl.gd/n_1sqrhd3 , http://tl.gd/n_1sqr3hi
2019年2月ツイート:40,判例(刑訴法1);その他(憲法10,行政法10;民法9;刑訴法10)
http://tl.gd/n_1sqr21g , http://tl.gd/n_1sqqj2c
2019年1月ツイート:61,その他(商法3,民訴法20;刑法38)
http://tl.gd/n_1sqpmpp , http://tl.gd/n_1sqpshp , http://tl.gd/n_1sqqamr

2018年12月分ツイート:20,判例(民訴法1);その他(憲法3;商法4,民訴法9,要件事実2;刑法1)
http://tl.gd/n_1sqp525
2018年11月分ツイート:87,事案(憲法5,行政法18;民法9,会社法2);判例(民法4);その他(行政法1;民法30;刑法18)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/11/05/172854
2018年10月分ツイート:138,問題(憲法9;民訴法12;刑法7,刑訴法17);判例(憲法23,行政法2;民法2,民訴法10,要件事実1,倒産法1;刑法23;刑訴法20);その他(憲法4;民訴法2;刑訴法4)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/10/04/175248
2018年9月分ツイート:75,論述19(民法8,商法10,要件事実1),判例48(憲法1;民法16,会社法17,民訴法2,倒産法7,刑法5),問題8(行政法1;会社法4,民訴法1,要件事実2)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/09/18/021238
2018年8月分ツイート: 25(憲法1,行政法5;倒産法1;刑法3,刑訴法15)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/09/03/164840
2018年7月分ツイート: 28(商法12,民訴法9,要件事実3;刑法4)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/07/30/204432
2018年6月分ツイート: 16(憲法3,行政法5; 民法4,民訴法1; 倒産法3)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/07/06/180118
2018年5月分ツイート: 49 (憲法5,行訴法5; 民法8,民訴法2,要件事実1,倒産法10; 刑法3,刑訴法13; はしがき2)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/05/11/035523
2018年4月分ツイート: 58 (憲法8; 民法17,会社法10,民訴法5,倒産法5; 刑法11,刑訴法1; 他1)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/04/12/014416
2018年3月分ツイート: 59 (憲法16,行政法11;民法12,民訴法3,倒産法5;刑法5,刑訴法7)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/03/13/143612
2018年2月分ツイート: 49 (憲法7,行政法5;民法10,商法16,民訴法1要件事実2,倒産法2;刑法2,刑訴法4)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/02/17/191600
2018年1月分ツイート:13(行政法2;民法4,商法5;刑法2)
https://goo.gl/39ZMh5

12月分ツイート: 15 (憲法3,行政法2; 民法2,商法1,民訴法7)
https://goo.gl/cTXNF1
11月分ツイート: 12 (行政法1; 民法7,商法1,倒産法1; 刑訴法44)
https://goo.gl/BGzZ6i
10月分ツイート: 40 (憲法4; 民法2,民訴法25,倒産法3; 刑法6)
https://goo.gl/RHA1KP
9月分ツイート: 48 (憲法2、/債権総論1、契約法2、民訴法1、要件事実1、倒産法5、/刑法19、刑訴法16、/論点1)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2017/09/16/180351
8月分ツイート: 90 (倒産法7、/ 憲法4、行政法4、/ 民法9、会社法19、民訴法34、/刑法10、刑訴法3)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2017/08/12/163603
7月分ツイート: 30 (倒産法2、/商法22、民訴法3、/刑法3)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2017/08/03/012340
6月分ツイート: 37 (倒産法1、憲法4、行政法2、/民法7、要件事実4、商法8、民訴法6、/刑法1、刑訴法4)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2017/06/20/011738
5月分ツィート: 72 (倒産法16、憲法9、行政法10、/民法10、商法6、民訴法13、/刑法5、刑訴法3)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2017/06/02/004620
4月分ツィート: 72 (倒産法10、憲法15、行政法1、会社法15、民訴法2、刑法7、刑訴法16、要件事実6)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2017/05/19/155210


▼参照:(他の科目の文献は,それぞれの科目のツイフィールをご覧ください。)
☆辰巳『趣旨・規範ハンドブック』。『判例百選』、『重要判例解説』、『判例講義』。LEX/DB。『基本から合格答案を即効で書けるようになる本』公法系、民事系、刑事系(「即効本」と略称する)。『工藤北斗の合格論証集』民法、商法・民事訴訟法。『判例プラクティス』。受験新報。有斐閣『法律学小事典』。TKC・新・判例解説 Watch。 ハイローヤー。伊藤塾『試験対策問題集論文』。

☆ダットサン『民法2』『民法3』,内田『民法Ⅰ』4版,『民法Ⅲ』3版,『民法基本判例集』,『事例から民法を考える』。池田清治『基本事例で考える民法演習』初版(2013年)日本評論社。四宮『不法行為(事務管理・不当利得・不法行為 中・下巻)』。

☆『LEGAL QUEST会社法』,江頭憲治郎『株式会社法』,『事例で考える会社法』。前田康『手形法・小切手法入門』初版(1983年),『手形小切手判例百選』5版(1997年)


公法系ボット @right_droit5
民法ボット (作り直し中) @right_droit8
法学(商法など)ボット @right_droit
民訴法,倒産法などボット @right_droit2
刑事系ボット @right_droit3
ブログ http://right-droit.hatenablog.com/archive

カウントデータ

フォロー679 いいね288
フォロワー339 リスト5
ツイート42,029 平均ツイート40.4 / 日

日付データ

Twitter歴1,041日 プロフ作成日2017/04/30 15:15
Twitter登録日2017/04/22 03:25 プロフ更新日2020/02/17 17:37
API取得完了2020/02/26 14:19 API取得予定2020/02/26 14:34