自己紹介

会社法などの基本書等を読み140字に圧縮してます。勉強モチベーション維持,整理,保存,確認用。大事な所の抜落ち,短すぎ,理解不足による間違いありえます。民法@right_droit8,民訴法,倒産法等@right_droit2,刑法@right_droit3,刑訴法@right_droit7。フォロー・解除ご自由に。

もっと自己紹介

▼I've been squeezing legal writings into 140 characters. It is useful for me to know the essence of writings. And creating these tweets motivates me to learn laws regularly. [Aug.13,2017, Feb. 5, 2018]

▼商法(会社法),原稿/
Ⅰ 設立,株式 (18ヶ) http://tl.gd/n_1sqra6v
 ① 設立(5ヶ) http://tl.gd/n_1sr0ak9 #1
 ② 株式の譲渡,担保化など(11ヶ)作成中
 ③ 投資単位の調整(6ヶ)
Ⅱ 機関総説,株主総会 (33ヶ) http://tl.gd/n_1sqravj
 ④
 ⑤
Ⅲ 取締役,取締役会,代表取締役 http://tl.gd/n_1sr1h4r (16ヶ)#2
Ⅳ 役員等の義務と責任 (44ヶ) http://tl.gd/n_1sqrb1j
Ⅴ 会計と開示,資金調達 (4ヶ) http://tl.gd/n_1sqrb1o
Ⅵ 企業の買収,・結合・再編 (35ヶ) http://tl.gd/n_1sqrb2a
  会社法など,追加分 (6ヶ) http://tl.gd/n_1sqrd0o
 ツイッターボットに登録していない分も含まれています。時間を見つけて登録します。

R01(令元)予備#1


▼分類
☆事案(設例,問題)/ 行政法事案20;商法事案7;刑訴法問題事案19

〇判例(年月日を付したものなど)/ 行政法判例2;商法判例17;刑訴法判例21

◇その他(理論,論述,知識ほか)(4月以降,作業シンプル化のために,各科目毎のカウントのみで,総計省略致します。)
/ 行政法81 / 商法168 / 刑訴法136


▼以下,時系列で、ツイート一部掲載(会社法法典名省略)。@right_droit

2020年8月24日(その他1)
◇取締役会決議について特別の利害関係を有する取締役
商法168/ #取締役会の決議について特別の利害関係を有する取締役は_決議の公正を期すため_議決に加われない(369条2項)。定足数算定からも除外される。
#代表取締役を選定する取締役会決議では_候補者は特別利害関係人にあたらない。他方,#解職の場合_判例は特別利害関係人にあたるとするが,閉鎖型会社では疑問。
[『LEGAL QUESAT会社法』3版(2015年)183頁-184頁(最判昭44・3・28民集23-3-645)参照。R01予備Q1]


2020年7月ツイート:その他5
2020年7月27日(その他1)
◇監査等委員会設置会社
商法167/ 監査等委員会設置会社は,監査役会設置会社と指名委員会等設置会社の中間的なガバナンスの仕組み(平成26年導入)。#取締役の一部が監査等委員となり(399条の2Ⅱ,329条Ⅱ),取締役会で経営の妥当性をチェックし,議決権を行使するという点で,指名委員会等設置会社の監査委員(会)と類似し,監査役とは異なる。
[『LEGAL QUESAT会社法』3版(2015年)211頁参照。T01予備(22①),331条Ⅵ]


2020年7月26日(その他2)
◇株主総会決議不存在確認の訴え(830条1項)における訴えの利益の例
商法166/ 取締役を選任する先行株主総会決議不存在確認訴訟係属中に,当該総会で選任されたとする取締役により構成される取締役会で選任された代表取締役が招集した後行株主総会決議の不存在確認訴訟が提起され,併合された事案。#後行決議の存否が先行決議の存否にかかっており,双方の決議につき訴えの利益あり。
[『LEGAL QUESAT会社法』3版(2015年)168頁(最判平11・3・25民集53-3-580)参照]

◇株主総会決議無効確認の訴え(830条2項)の意義
商法165/ 株主総会決議の内容が法令に違反する場合,重大な瑕疵ありとして決議無効(830条2項)。株式会社を被告として訴えを提起してもよいし,訴訟中の抗弁他,訴え以外で無効主張も可。原告適格・提訴期間に制約なく,確認訴訟の一般原則に従う。利点は判決効。第三者にも効力あり(#838条)⇒登記嘱託による抹消可。
[『LEGAL QUESAT会社法』3版(2015年)167頁参照]


2020年7月12日(その他2)
◇定款に記載のない財産引受け
商法164/ 会社の成立後に特定の財産を譲り受けるという,会社設立時の契約を財産引受けという(28条2号)。当該財産の内容,価額等を定款に記載要。そして公証人による定款認証後,#原則として検査役調査を要する(33条)。定款に記載のない財産引受けは無効で(28条柱書),会社成立後に,#会社が追認することもできない。
[『LEGAL QUEST会社法』3版(2015年)51頁,52頁(最判昭28・12・3民集7-12-1299,最判昭42・9・26民集21-7-1870)-53頁参照]

◇株式の内容についての特別の定め
商法163/ 会社は,発行する全部の株式の内容として,定款に①#譲渡制限,②#取得請求権,③#取得条項に関する定めを置ける(107条,911条3項7号)。①譲渡による当該株式の取得につき,会社の承認を要する。②株主が会社に対し株式の取得を請求できる。③一定事由発生を条件として,会社が株主から当該株式を取得できる。
[『LEGAL QUEST会社法』3版(2015年)78頁-79頁参照]


2020年5月ツイート:その他3
2020年5月12日(その他3)
◇具体的な法令違反
商法160/ 取締役・執行役は職務を行う際,法令を遵守しなければならない(355条・419条2項)。法令違反行為(会社に法令違反をさせるような業務執行)をすれば,任務懈怠。会社や株主の利益保護のための会社法規定の非遵守はもちろん,#会社が事業を行う際に遵守すべき法令すべてについて,その非遵守が任務懈怠になる。
[『LEGAL QUEST会社法』3版236頁(最判平12・7・7民集54-6-1767)参照]

◇法令違反であるとの認識ある場合
商法161/ 取締役・執行役が,ある行為を確実に法令違反と認識し行う場合,職務懈怠責任を免れない。法令違反による利益と損失(罰金等)を比較し,前者が上回るので,あえて法令違反する(例:運送会社が過積載を運転手に指示など)#という経営判断は許されない。脅迫されての行為で責任ないという主張も認められにくい。
[『LEGAL QUEST会社法』3版237頁(最判平18・4・10民集60-4-1273)参照]

◇法令違反の認識がない場合
商法162/ 取締役・執行役が,ある行為を法令違反と認識せずに行った場合,無過失立証により責任を免れる。#判例は_金商法に損失補償禁止規定がなかった時の損失補填に関し_独禁法違反を認識しなかったことについて過失がなかったとした。他の行為をする期待可能性がなかった場合も,帰責事由なしとする余地もある。
[『LEGAL QUEST会社法』3版237頁(最判平12・7・7民集54-6-1767)参照]


2020年4月ツイート:その他4
2020年4月20日(その他1)
◇取締役会の決議
商法159/ 取締役会決議は,議決に加わることができる取締役の過半数出席し(定足数),出席取締役の過半数賛成により成立(369条1項)。#決議につき特別の利害関係を有する取締役は_決議の公正を期すため_議決に加われない(2項⇒定足数算定からも除外)。決議に先立つ審議においても,#退席要求あれば従わねばならない。
[『LEGAL QUEST会社法』3版183頁-184頁参照]


2020年4月13日(その他1)
◇内部統制システム
商法158/ #内部統制システム:業務執行が適正に行われることを確保するため,#取締役が業務執行の手順を合理的に設定し,会社の方針が組織の末端まで共有され実行されるよう努めるとともに,#現場で生じつつある不祥事の兆候を早期に発見し是正できるよう人的組織を組み立て,情報伝達の制度・ルールを設定すること。
[『LEGAL QUEST会社法』3版181頁(Column4-15)参照]


2020年4月8日(その他1)
◇取締役会の監督機能など
商法157/ 取締役会は,会社の意思決定を行い,取締役の職務の執行を監督(362条Ⅱ)。#適法性・妥当性も監督。代表取締役・選定業務執行取締役は3か月に1回以上,職務執行状況を取締役会へ報告要(363条Ⅱ)。#代表取締役の解職権限(362条Ⅱ③)は重要。#会社に著しい損害を及ぼすおそれある事実を株主に報告要(357条)。
[『LEGAL QUEST会社法』3版176頁参照。会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見したときは,監査役(会)設置会社では,監査役(会)に報告要。]


2020年4月2日(その他1)
◇業務と職務,および社外取締役について
商法156/ 業務は会社の目的たる具体的事業活動に関与すること,#職務はより広く監査行為や意思決定への関与も含む。
代表取締役,取締役会により選定された取締役(363条1項),事実上業務を行った取締役を,業務執行取締役といい,社外取締役になれない(2条15号)。社外取締役は,#業務執行以外の職務執行が期待される。
[『LEGAL QUEST会社法』3版175頁参照]


2020年3月ツイート:その他(憲法6,行政法1;民法1,商法1,民訴法4;刑法15,刑訴法6)

2020年3月31日(その他2)
◇独立の3人による,致死量の3分の1の投毒
刑法261/ 1195/ 被害者を恨む3名が,他2人も同じことをするに違いないと思いながら,A,B,C順で致死量の3分の1ずつ被害者の飲み物に毒を入れ,死亡させた。
3人の行為はどれをとっても他2人の投毒に頼らねば結果発生させ得ない。but,#どれを取り除いても致死量に達し得ず_あれなければこれなし公式をみたし,条件関係あり。
[高山佳奈子『クローズアップ刑法総論』51頁参照]

◇不作為犯における因果性と正犯性
刑法262/ 1196/ 溺れかけている人を複数名が見ている場合,誰かが助ければ助かるという意味で,各人が法益の運命を左右しうる立場。⇒それぞれの立ち去りに,不作為の因果性を認め得る。
各人の間に暗黙の共犯関係あれば,1個の正犯性肯定。そうでない場合,#助かる見込みをゼロにした最後に立ち去った者にのみ正犯性肯定。
[高山佳奈子『クローズアップ刑法総論』51頁-52頁参照]


2020年3月30日(その他1)

◇代理が必要となる典型的な3つの場合
民法154/ 1194/ ①全ての人間が権利能力を有するので,赤ん坊,強度の精神病者も,相続などを通じ財産を持てる。#このような場合に必要な親権者_成年後見人は法定代理(私的自治の補充)。②#法人の代表も,実質的に代理。③#経済活動の幅を広げるため本人の意思で代わりを頼む場合を任意代理という(私的自治の範囲の拡張)。
[内田『民法Ⅰ』4版133頁-134頁参照]


―――――
▼以下、過去ツイート保存URL

2020年
3月(12日-29日)ツイート19:その他(憲法6;刑法13)
http://tl.gd/n_1sr6hkk
3月(-11日)ツイート12:その他(行政法1;会社法1,民訴法4;刑訴法6)
2月ツイート3:その他(憲法3)
1月ツイート3:その他(刑法3)
http://tl.gd/n_1sr5ula

2019年12月ツイート6:その他(行政法4;民訴法1;刑法1)
https://www.twitlonger.com/show/n_1sr5mmn?new_post=true
2019年11月ツイート21:事案(憲法3,行政法1;民法2,商法1,要件事実1,民執法1,倒産法1;刑訴法2);その他(憲法3;民訴法1;刑法5)
(24日-30日)4ヶ:その他(刑法4)https://www.twitlonger.com/show/n_1sr5mmn?new_post=true
(1日-23日)17ヶ:事案(憲法3,行政法1;民法2,商法1,要件事実1,民執法1,倒産法1;刑訴法2);その他(憲法3;民訴法1;刑法1)http://tl.gd/n_1sr2qq6
2019年10月ツイート33:事案(刑法8);その他(憲法2,行政法1;民法4,商法1,民訴法1,民執法1,倒産法1;刑法11,刑訴法3)
http://tl.gd/n_1sr1hac , http://tl.gd/n_1sr272r
2019年9月ツイート20:その他(民法4,商法1,民訴法1,倒産法5;刑法9)
http://tl.gd/n_1sr17ja , http://tl.gd/n_1sr1eaj
2019年8月ツイート16:その他(民訴法7;刑法9)
http://tl.gd/n_1sr0ud0
2019年7月ツイート6:その他(憲法1;商法2,民訴法2;刑訴法1)
http://tl.gd/n_1sr08ae
2019年6月ツイート:36,その他(憲法2,行政法5;民法3,会社法5,民執法1,要件事実1,倒産法4;刑法12,刑訴法3)
http://tl.gd/n_1sqtvij , http://tl.gd/n_1squg44
2019年5月ツイート:9,その他(憲法1;民法1,民訴法3;刑法4)
http://tl.gd/n_1sqtqlv
2019年4月ツイート:29,その他(憲法3,行政法5;会社法1,倒産法2;刑法2,刑訴法16)
http://tl.gd/n_1sqt9fb , http://tl.gd/n_1sqs93n
2019年3月分ツイート:80,その他(民法1,商法11,民訴法10;刑法50,刑訴法8)
http://tl.gd/n_1sqro6k , http://tl.gd/n_1sqrhd3 , http://tl.gd/n_1sqr3hi
2019年2月ツイート:40,判例(刑訴法1);その他(憲法10,行政法10;民法9;刑訴法10)
http://tl.gd/n_1sqr21g , http://tl.gd/n_1sqqj2c
2019年1月ツイート:61,その他(商法3,民訴法20;刑法38)
http://tl.gd/n_1sqpmpp , http://tl.gd/n_1sqpshp , http://tl.gd/n_1sqqamr

2018年12月分ツイート:20,判例(民訴法1);その他(憲法3;商法4,民訴法9,要件事実2;刑法1)
http://tl.gd/n_1sqp525
2018年11月分ツイート:87,事案(憲法5,行政法18;民法9,会社法2);判例(民法4);その他(行政法1;民法30;刑法18)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/11/05/172854
2018年10月分ツイート:138,問題(憲法9;民訴法12;刑法7,刑訴法17);判例(憲法23,行政法2;民法2,民訴法10,要件事実1,倒産法1;刑法23;刑訴法20);その他(憲法4;民訴法2;刑訴法4)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/10/04/175248
2018年9月分ツイート:75,論述19(民法8,商法10,要件事実1),判例48(憲法1;民法16,会社法17,民訴法2,倒産法7,刑法5),問題8(行政法1;会社法4,民訴法1,要件事実2)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/09/18/021238
2018年8月分ツイート: 25(憲法1,行政法5;倒産法1;刑法3,刑訴法15)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/09/03/164840
2018年7月分ツイート: 28(商法12,民訴法9,要件事実3;刑法4)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/07/30/204432
2018年6月分ツイート: 16(憲法3,行政法5; 民法4,民訴法1; 倒産法3)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/07/06/180118
2018年5月分ツイート: 49 (憲法5,行訴法5; 民法8,民訴法2,要件事実1,倒産法10; 刑法3,刑訴法13; はしがき2)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/05/11/035523
2018年4月分ツイート: 58 (憲法8; 民法17,会社法10,民訴法5,倒産法5; 刑法11,刑訴法1; 他1)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/04/12/014416
2018年3月分ツイート: 59 (憲法16,行政法11;民法12,民訴法3,倒産法5;刑法5,刑訴法7)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/03/13/143612
2018年2月分ツイート: 49 (憲法7,行政法5;民法10,商法16,民訴法1要件事実2,倒産法2;刑法2,刑訴法4)
http://right-droit.hatenablog.com/entry/2018/02/17/191600
2018年1月分ツイート:13(行政法2;民法4,商法5;刑法2)
https://goo.gl/39ZMh5

2017年12月分ツイート: 15 (憲法3,行政法2; 民法2,商法1,民訴法7)
https://goo.gl/cTXNF1
11月分ツイート: 12 (行政法1; 民法7,商法1,倒産法1; 刑訴法44)
https://goo.gl/BGzZ6i
10月分ツイート: 40 (憲法4; 民法2,民訴法25,倒産法3; 刑法6)
https://goo.gl/RHA1KP
9月分ツイート: 48 (憲法2、/債権総論1、契約法2、民訴法1、要件事実1、倒産法5、/刑法19、刑訴法16、/論点1)
http://tl.gd/n_1sr6q12
8月分ツイート: 90 (倒産法7、/ 憲法4、行政法4、/ 民法9、会社法19、民訴法34、/刑法10、刑訴法3)
http://tl.gd/n_1sr6q0u
7月分ツイート: 30 (倒産法2、/商法22、民訴法3、/刑法3)
http://tl.gd/n_1sr6q0t
6月分ツイート: 37 (倒産法1、憲法4、行政法2、/民法7、要件事実4、商法8、民訴法6、/刑法1、刑訴法4)
http://tl.gd/n_1sr6q0q
5月分ツィート: 72 (倒産法16、憲法9、行政法10、/民法10、商法6、民訴法13、/刑法5、刑訴法3)
http://tl.gd/n_1sr6q0p
4月分ツィート: 72 (倒産法10、憲法15、行政法1、会社法15、民訴法2、刑法7、刑訴法16、要件事実6)
http://tl.gd/n_1sr6q0o


▼参照:(他の科目の文献は,それぞれの科目のツイフィールをご覧ください。)
☆辰巳『趣旨・規範ハンドブック』。『判例百選』、『重要判例解説』、『判例講義』。LEX/DB。『基本から合格答案を即効で書けるようになる本』公法系、民事系、刑事系(「即効本」と略称する)。『工藤北斗の合格論証集』民法、商法・民事訴訟法。『判例プラクティス』。受験新報。有斐閣『法律学小事典』。TKC・新・判例解説 Watch。 ハイローヤー。伊藤塾『試験対策問題集論文』。

☆『LEGAL QUEST会社法』,江頭憲治郎『株式会社法』,『事例で考える会社法』。前田康『手形法・小切手法入門』初版(1983年),『手形小切手判例百選』5版(1997年)

憲法 @right_droit9
行政法 @right_droit10
民法ボット @right_droit8
会社法ほかボット @right_droit
民訴法,倒産法などボット @right_droit2
刑法ほかボット @right_droit3
刑訴法ボット @right_droit7
ブログ http://right-droit.hatenablog.com/archive

カウントデータ

フォロー684 いいね353
フォロワー350 リスト8
ツイート44,721 平均ツイート34.9 / 日

日付データ

Twitter歴1,283日 プロフ作成日2017/04/30 15:15
Twitter登録日2017/04/22 03:25 プロフ更新日2020/08/24 18:11
API取得完了2020/10/25 18:15 API取得予定2020/10/25 18:30