自己紹介

海外ドラマ/映画/特撮/Star Wars "Ep1-6"/Heroes/The Walking Dead/Stargate Atlantis/Prison Break/Legends of Tomorrow/The Flash/蒼穹のファフナー/アイマス/刀使→ジェムカン/人が怖い/クソみたいなポエム/ミュート推奨

もっと自己紹介

芸能人や作家さん、企業、番組告知アカウントなど、公式アカウントの宣伝情報の収集が主な利用目的の為、RTやそれらに対しての独り言がメインです。
また、視聴した映画・ドラマの感想を備忘録代わりに呟いたりする事も。

※ズボラなので基本的に低浮上ですが、堰を切ったように突然長文で語り出す事があります。
また、過激な発言をする場合が御座いますが、ご容赦いただけると幸いです。

ただただ趣味についてガチな独り言を垂れ流すだけのアカウントなので一切面白い事は言えませんが、
もし万が一ご興味を持っていただけましたらフォローはお気軽にどうぞ。
こちらからは基本的に一般の方のフォローはしないので、フォロバはお約束出来ませんが、
フォローしていただいたらなるべく返すようにします…ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ
ただ、重度の人見知りなので、その辺りご容赦ください。

好きなものは、
映画、海外ドラマ、特撮ドラマ、アニメ、漫画、ゲーム、テニス、歌、カラオケ、犬、家など。
中でも特にB級映画、海外ドラマ、特撮ドラマなどを愛好しておりますが、大作映画も大好きです。
好きなジャンルはアクション、SF、ホラー、サスペンス、スリラー、ミステリー、ミリタリー、モキュメンタリー、ヒューマンドラマ、ノンフィクションなど。
あらゆる媒体・あらゆるジャンルにおいて超能力を題材にした作品が好みです。
その手の映画ではクロニクルが傑作だと思っています。(少年ジャ●プを筆頭にした後出しジャンケン解説系能力バトルものは否定派。意味不明な独自ルール満載の理屈をこねくり回すのはNG。サイキックものは本来、説明不要の絵面的魅力に溢れたもので、そこへ付随するドラマこそ何よりも重要なファクターだと思います。疾走感を損なうジャンケン要素は不要ではないでしょうか)
製作国は基本的に問わず、邦画はそれなりに。フランス映画の空気感が好き。ロシアやドイツ映画の荒削りさも良いと思います。
苦手な映画はディズニー映画です。
特に好きな役者さんは、ウェントワース・ミラー、マイロ・ヴィンティミリア、ジャッキー・チェン、藤原竜也、村上幸平、特撮俳優さんなど。(敬称略)
特に好きな吹き替え声優は東地宏樹さん、山野井仁さん、竹若拓磨さん、宮本充さんなど。前者のお二方は予告編等のナレーションで聴けるとテンションMAXアゲ。


【↓各ジャンル個別↓】
※完全自己満足の超々個人的備忘録として書き留めていまして、人に見せる前提ではないため、とても冗長です。ご注意ください。


◼︎ 映画 ◼︎
特に好きなシリーズは、STAR WARS、ロッキーなど。

SWは1~3が至高。ジョージ・ルーカス監督・脚本・製作総指揮のプリクエル・トリロジーを全面的に支持していますが、オリジナル・トリロジーも好きです。
7はナシ。ワクワクできない。ローグ・ワンは場面場面で見れば良い所はあったけど、総評としてはイマイチ。7以降は強すぎるディズニー色が肌に合わず、ディズニーは元より、現ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディに不信感が。ルーカスの脚本を却下したディズニーおよび、現ルーカルフィルムの罪はあまりにも重い。
SWを見始めたのは物心つき始めた頃で、4~6は既に世に出ており、オリジナル三部作はスペースオペラにインディ・ジョーンズ的冒険活劇とヒーローものの側面を持った取っ付きやすさから一気にハマりましたが、1、2、3が世に出てからは断然プリクエル派です。(言い方が悪いかもしれませんが、)懐古主義な作りよりも、ルーカスが思い描いていた奥深く広がりのあるSW世界を見せて欲しいと願う自分としては今後のSWには期待が裏切られ続けるであろう事が何より残念でなりません。
【追記】8は本当に辛かった…。SW史上最低の駄作映画と言っても過言ではないと思います。大金が投じられているので豪華な映像には違いないのだけれども、ストーリーも演出も殺陣も非常にお粗末なもので、制作費による豪華さにこそ違いはあれど日本の特撮ドラマの方が見応え上まである。展開は観客の期待の逆張りに腐心するばかりで、フォースの拡大解釈、レイとカイロの共闘シーンはセット感バリバリで違和感満載、満を辞して前線に出てきたルークvsカイロの決闘シーンはラノベレベルの陳腐な演出(1-3と比較すると一層、殺陣のコンテや演技指導の酷さがよく分かる。マーク・ハミルの歳を感じさせないアクションは感涙ものでしたが、それだけに悲しい)、ジェダイの在り方にあれだけ悩んでいた(※8視点での)ルークではなくジェダイ凋落を招いた古きジェダイの象徴とも言えるヨーダに“最初の”ジェダイ・テンプルと書物を焚書させる常軌を逸したサイコパス展開、(4-6原理主義者を体現したかの様な醜いファンの権化=)カイロと(ポリコレ&メアリー・スーの体現者=)レイによる醜い綱引きでSWの象徴とも言うべき“スカイウォーカー・セーバー”が真っ二つになる、取って付けた様なフィン&ローズの冒険・恋愛シーンなど、挙げるとキリがないレベルで盛り下がる演出ばかりでした。既存のスター・ウォーズ像をぶち壊したいという制作・製作陣の感情が全面に見えるのが非常に腹立たしかった。そんなに既存のスター・ウォーズから脱却したいなら、懐古主義から脱したかったルーカスがディズニーに提出した7~9の脚本初期稿を却下せず、彼が思い浮かべていた未来図に耳を傾け、意見を求めるべきだった。結果、Ep8はルークや“スカイウォーカー・セーバー”、ジェダイ、ひいてはそれらを好むファンへの冒涜にしかなっていません。いかにライアン・ジョンソンという監督・脚本が●能であるかを2時間もの間、見せつけられただけでした。リブート発表からEp7公開までは心底ワクワクしていたのに、こんな二次創作同人誌レベルのスター・ウォーズが今後も展開されていくならリブートなんてしないで欲しかった。
ディズニーよ、ジョージ・ルーカスのSWを返してくれ。

ロッキーは1~3、6が特に好き。
6(ロッキー・ザ・ファイナル)は最終作としてのストーリーの出来もさる事ながら、HEROESのマイロ・ヴィンティミリアがロッキーの息子役で出演していて、なおかつ吹き替えも同じ竹若拓磨さんである事も推したい。CREEDは少し物足りなかったですが、番外編としては上々の出来かなと思います。

B級ホラーではクローズド・サークル系が大好きです。
B級ホラーというジャンルは人が無残に死んでしまう不条理さが何よりの醍醐味かと思いますが、ただ死ぬだけは勘弁。テーマに則った死である事が最重要であり、結末は全滅エンドよりも、数人生き残るか、ビターエンド・メリーバッドエンドくらいが好みです。

マーベル、DC、その他問わず、ヒーロー映画は割と見ます。
スーサイド・スクワッドはエンチャントレスが可愛いだけのクソ映画。

[他、特に好きな映画]
クロニクル / アイ・アム・ナンバー4 / X-MEN シリーズ / メイズ・ランナー シリーズ / アルティメット (原題:Banlieue 13) シリーズ / ウォッチメン / 猿の惑星シリーズ (リブート版) / クリムゾンリバー シリーズ / パラサイト (原題:The Faculty) / パラサイト・クリーチャーズ (原題:Blutgletscher) / 28日後… / 28週後… / エクストラ テレストリアル / MAMA / クライモリ / バタフライ・エフェクト シリーズ / テッド シリーズ / ベイブ シリーズ / グレムリン シリーズ / ザ・コンサルタント (原題:The Accountant) / ソウ シリーズ / ローン・サバイバー / アメリカン・スナイパー / ハイエナ・ロード / プライベート・ライアン / ポリス・ストーリー シリーズ / ラッシュアワー シリーズ / 最愛の子 / GODZILLA (2014年制作アメリカ版) / マーズ・アタック! / スターシップ・トゥルーパーズ シリーズ / ストレイヤーズ・クロニクル / 人狼ゲーム シリーズ / 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト / 仮面ライダーアマゾンズ 最後の審判 / 仮面ライダー 平成ジェネレーションズ (第1作のみ) など

好きな監督はジョージ・ルーカス、リュック・ベッソン、(ホラー監督としての) ギレルモ・デル・トロ (※パシフィック・リムは汚点)、坂本浩一、田崎竜太、石田秀範 など
嫌いな監督はライアン・ジョンソン、スティーヴン・スピルバーグ、マイケル・ベイ、金田治、上堀内佳寿也、山口恭平 など


◼︎ 海外ドラマ ◼︎
・全シーズンもしくは過半数視聴済み、特に好き、小一時間語れるもの
HEROES / The Walking Dead / Stargate Atlantis / Prison Break / Legends of Tomorrow / The Flash / Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D / Battlestar Galactica / CHUCK / V 全5作(1983年制作の旧版) / ストレイン / ベイツ・モーテル

・熱心に追いかけてはいないけど、好き
Criminal Minds / コールド・ケース / NCIS ~ネイビー犯罪捜査班

・気になっているもの
APB ハイテク捜査網 / ザ・ブレイブ

一話完結ドラマより、話が連続してる長編ドラマが好きです。
クリフハンガー演出否定派ではないですが、ウォーキング・デッドS6 Ep16 - S7 Ep1とS8 Ep8-9は全く擁護出来ない。グレン…。カール…。タラ…。


◼︎ 邦ドラマ ◼︎
SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~ / コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- / dele / ライアーゲーム / BLOODY MONDAY / 天使のナイフ / 死の臓器 / 1リットルの涙 など


◼︎ 特撮ドラマ ◼︎
仮面ライダー:クウガから現行作。
クウガ以降全作リアルタイム視聴民である事がちょっとだけ自慢。
基本的にTVシリーズ、劇場版、Vシネマ、スピンオフムービー含め、一部のスピンオフ以外は派生作品までほぼ全作視聴しています。が、最近はTVシリーズ+αになってきた。

仮面ライダー555は特に思い入れが強く、一番回数多く見返している特撮の一つで、おそらく今後も555への想いが揺らぐ事はないでしょうし、世間の評価如何によらず、不朽の名作だと思っています。(※無条件の全肯定ではなく、否定的意見も持っており、清濁併せ呑んだ上でそう思います)

クウガ~カブトまでがストライクゾーン。
敵が恐ろしい怪物として描かれていた頃の、ドラマをしっかりと描こうとしていた頃の作品が好きでした。
エグゼイドは個人的に何年振りかの大当たりでした。アマゾンスは完結編まで一貫してテーマを貫いたのが好感大。

電王が仮面ライダーシリーズの売上の救世主であると同時に、シリアスドラマ路線をやめるターニングポイントとなったとしか思えないので、複雑な思いです。
電王は4タロスズが前に出過ぎなければなぁ…と。そういう演出に偏るとノリが他とズレ過ぎてキツい。イマジンズのコミカル偏重な面以外は概ね不満はありません。当時からも思っていましたが、今後電王にフィーチャーされる機会があったとして、良太郎、幸太郎、侑斗を始めとした人間キャラや他作品のキャラを差し置いて4タロスズをあまり前面に推し出さないで欲しい。生の役者をブッキングしにくい事が原因の一つだと思いますが、かと言ってイマジンごり押しは他作品とのバランスが悪くなる弊害があり、正直、特定ファン層への媚びが強く感じられて嫌悪感すらあります。何事もバランスが肝要でしょう。その点、侑斗とデネブの関係性はとても良い塩梅だと思います。
特撮における着ぐるみ味方キャラはリアリティを大きく損なう原因の“一端”なので正直好きではありません。

好きなライダー(フォーム)はワイルドカリス、ブレイドキングフォーム、ファイズブラスターフォーム、カイザ、デルタ、ナイトサバイブ、アギトバーニングフォーム、ガタック、ゼロノス、アクセル、エターナル、メテオストーム、ナックル、エグゼイドロボットアクションゲーマーレベル3、レーザーターボプロトコンバットバイクゲーマーレベル0、ビルドラビットラビット&タンクタンクなど。
最も好きな変身者は三原修二。その他は手塚海之、乾巧、草加雅人、剣崎一真、相川始、加賀美新、桜井優斗、ザック、九条貴利矢など。人間味のあるキャラクターが好きです。

スーパー戦隊:カーレンジャー~デカレンジャーで一旦卒業。ニンニンジャーから再び気になったのを掻い摘んで。
一番好きなのはデカレンジャー。ガオ~デカ辺りがストライクゾーン。
戦隊で特に印象に残っているシーンはタイムファイヤーの散り際。
デカレンのスワットモードや、ゴウライジャーがとても好き。
ドスの効いた声の戦隊メンバーが好きかもしれない。

メタルヒーロー:ビーファイターから最終作まで。
生まれて初めてどハマリした特撮はビーファイターです。

ウルトラマン:リアルタイム視聴は平成3部作とオーブ。詳しくないです。電王に出演していた石黒英雄さんが主演という事で興味を持ちオーブを見始め、ジード、トリガー辺りを視聴。

牙狼:他の特撮作品に出演していた俳優さんがよく起用されるのが特撮オタとして嬉しい。牙狼と言われれば、個人的には鋼牙シリーズを思い浮かべますが、流牙も好きです。闇を照らす者はシリーズ屈指の出来なのでは?

海外版:パワーレンジャーS.P.D. / KAMEN RIDER DRAGON KNIGHTなど。

※主に東映作品を好みます。放送当時、唯一親に買ってもらった変身玩具がビーコマンダー、変身ベルトではファイズギアで、そういう意味でもこの2作は思い入れが強いです。


◼︎ アニメ ◼︎
殿堂入りは蒼穹のファフナー、おねがい♪マイメロディ きららっ☆

蒼穹のファフナー:恐らく初めてリアルタイム視聴した深夜アニメ。初見の回は無印第6話の翔子回「翔空~ぎせい~」でした。
何も知らずに、ガンダムSEEDの親戚か何かと思って視聴した為、メインヒロイン的描写がなされていた翔子の悲しい結末に、当時小学生だった自分は「なんだこのアニメは」と強い衝撃を受けました。ただ、その時それっきりで、半年くらい経ってからレンタルビデオ屋でレンタルして本格的にハマり、円盤を買って何度も見返し、今ではCD、DVD、BD、資料集、ゲーム、ロボ魂を収集し、関連イベントにほぼほぼ参加するくらい大好きです。アニメでは不動のナンバーワン。
ロボ魂 side-FFNは全機収集しましたが、未発売のドライツェンやエインヘリアルモデルも棚に加えたいので、ロボ魂復活を切に願っています。


好きな作詞家は藤林聖子さん、angelaのatsukoさん。
共通点は作品の世界観をちゃんと踏襲しつつ、ワード選びはシンプルでいて絶妙に詩的な点。センスの塊。
ドラマ、アニメ、映画におけるタイアップ曲は何より作詞の言葉選びのセンスが重要だと思っています。その点で藤林聖子さんは特撮界アニメ界におけるとても偉大な存在。
石川智晶さんや、.hackシリーズなどを手掛けているCC2所属のLieNこと三谷さんや福田さんも好き。


◼︎ マンガ ◼︎
ワールドエンブリオ
(漫画が完成され過ぎているので、アニメでは表現しきれなそう)


◼︎ 幼少期の思い出の作品 ◼︎
真・女神転生デビルチルドレン (漫画版)
小学生の時にどハマりして、初めてお小遣いで買い集めたコミックス。児童誌らしからぬ展開が一部で支持され、ボンボンのベルセルクとも言われた?名作。
漫画同様に原作ゲームはシリアス路線…なのに何故かアニメはかなりギャグテイストの明るい作風で、三者三様の味がありました。

他) ゾイド-ZOIDS- / デジモンテイマーズ / 金色のガッシュ / コロッケ! / 爆転シュート ベイブレード / ふしぎ遊戯 など


◼︎ ゲーム ◼︎
アクション、ホラー、オープンワールド、FPS、TPS、RPGなど。
追いかけているシリーズはバイオハザード、サイレントヒル、FF、戦国無双など。
個人的殿堂入りは .hack//G.U. 、GRAVITY DAZE、DYING LIGHT、Prototype、Alice:Madness Returnsなど。
Star Wars Jedi: Fallen Orderは至高のファンゲーム。本当に見たかったStar Wars過ぎて、咽び泣く。頼むから続編出してくれ。
和ゲーも結構やりますが、洋ゲーや、洋ゲーっぽいストーリーテリングでやり応えのある作品が好み。洋ゲー特有のトロフィー収集の面倒さや不親切なゲーム設計にイライラする事もしばしばですが…。


◼︎ デレマス ◼︎
アイドル文化やアイドルものは敬遠しがちでしたが、本家アニマスを視聴後に思いの外ハマってしまい、アニデレを経て、モバマス、デレステ、ラジオ、周年ライブなどに一通り触れました。
アニデレ放送中にみくにゃんをプロデュースしたくなってモバマスを始め、右も左も分からないまま3rdライブに参戦、その際、何かしらの宣伝で目にした二宮飛鳥に一目惚れして、何の迷いもなく「あの子の担当になろう」と決め、キャラ設定を確認したところ、最も好みとしているキャラ属性だったため安心して担当となる覚悟が決まり、以降泥沼へ。
モバマスの飛鳥が好きで飛鳥担当を決めたので、デレステの飛鳥はあんまり魅力的に見えないのが悩み。(ライターしっかりして)

現担当は二宮飛鳥、速水奏、前川みく。


◼︎ ミリマス・765AS ◼︎
本家アイマスはアニメ、劇場版、プラチナスターズをかじった程度。
アニマスの影響で亜美真美Pになりたかったので、現在はミリシタで細々と亜美真美と環を愛でています。たまきのダミ声でおやぶん、って慕ってくれるの良き。
有償単発であんたんしてくれたSSR環に運命を感じずにはいられない。コンテンツの終焉の日まで亜美真美の兄ちゃん兼、環のおやぶんでありたい。
2周年、3周年イベで環100位称号獲得できました。
環可愛いのは当たり前として、めっちゃ環してくれる稲川プロ最推し。キャラ&中の人セットだとアイマスシリーズで一番好き。


◼︎ 最後に… ◼︎
まさかとは思いますが、ここまでざっくりとでも目を通してくださった方がいらっしゃいましたら、お付き合いいただきましてありがとうございましたm(_ _)m
上記のような少し頑固寄りの人間ですが、もしご縁がありましたら、何卒よろしくお願いいたします。

好きなものタグ

カウントデータ

フォロー283 いいね2,987
フォロワー20 リスト1
ツイート2,617 平均ツイート1 / 日

日付データ

Twitter歴2,631日 プロフ作成日2017/05/31 00:37
Twitter登録日2014/08/05 10:52 プロフ更新日2021/09/22 03:13
API取得完了2021/10/17 15:49 API取得予定2021/10/17 16:04