foagura1014's Profile

自己紹介

相模線の伝道師とかそうじゃないとか誰も知らんとか
乗り鉄/アニメも一応見てるので知識はそこそこ/VVVFや第三軌条、ドイツ鉄道などと言ったものが好きな変な人/日常的な愚痴をこぼすことが多いのでご注意ください。ツイフィールにはロクなことを書いてないので気にすんなください

もっと自己紹介

自称相模線の人のふぉあぐらです。ツイフィール上の自己紹介を利用して、相模線のデータを張りつけます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相模線(さがみせん)は、神奈川県茅ヶ崎市の茅ケ崎駅と相模原市緑区の橋本駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。

概要
東海道本線の茅ケ崎駅から相模川に沿って北へ向かう路線である。南側は相模川の東岸沿いを通り、北側は相模原台地の西側を築堤や切通しの連続で登り詰める。元は相模鉄道(法人としては現在の相鉄ホールディングス)の路線であったが、東海道本線と中央本線とを結ぶバイパス路線として後に国有化された。過去には支線として、1931年に廃止された寒川駅から川寒川駅への支線(通称:川寒川支線)と、1984年に廃止された寒川駅から西寒川方面への支線(通称:西寒川支線、寒川支線。)があった。
全線が旅客営業規則の定める「東京近郊区間」、およびIC乗車カード「Suica」の首都圏エリアに含まれている。旅客案内や車体に使用されるラインカラーは相模川をイメージした濃い水色である。

地元自治体から相模線複線化の要望があるが、莫大な費用がかかることが予想されることを理由にJR東日本からの具体的な動きはない。また途中駅に列車の行き違い施設を作る要望に関しても同様の理由で動きはない。終点である橋本駅は中央新幹線の停車駅となる予定である。

路線データ
管轄・路線距離(営業キロ):
東日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者):
茅ケ崎駅 - 橋本駅間 33.3km
日本貨物鉄道(第二種鉄道事業者):
茅ケ崎駅 - 厚木駅間 14.2km
軌間:1067mm
駅数:18(起終点駅含む)
相模線所属駅に限定する場合、起終点駅(茅ケ崎駅は東海道本線、橋本駅は横浜線の所属)が除外され、16駅となる。
複線区間:なし(全線単線)
電化区間:全線(直流1500V)
閉塞方式:自動閉塞式(特殊)
保安装置:ATS-PN
運転指令所:橋本CTCセンター
最高速度:85km/h
全線を横浜支社が管轄している。

運行形態
全列車が相模線用に投入された205系500番台電車4両編成で運転されており、すべての列車が各駅停車である。
基本的には茅ケ崎駅 - 橋本駅間の線内折り返し運用だが、朝夕の列車は橋本駅から横浜線に乗り入れて八王子駅まで運転されている。この八王子駅発着列車は2015年3月13日までは10往復であったが、翌14日のダイヤ改正で6往復に減便された。また、茅ケ崎駅 - 海老名駅間の区間運転も行われている。日中は全線直通の列車が約20分間隔で運転されている。かつての非電化時代には、橋本駅 - 南橋本駅、原当麻駅、厚木駅間、茅ケ崎駅 - 寒川駅間などの多彩な区間運転も行われていた。電化後もしばらくは橋本駅 - 厚木駅間の区間運転が深夜の最終列車と早朝の一番列車に上下各1本ずつ設定されていたが、茅ケ崎駅まで延伸されて消滅した。
2016年6月現在、厚木駅経由の相模鉄道への甲種輸送などは、昼間に貨物列車のダイヤ設定がなくなったため、深夜帯に臨時貨物列車として運転されている。

過去の主な使用車両
相模線は国鉄分割民営化当時、JR東日本の東京近郊区間内では、八高線とともに気動車が運転される数少ない線区であった。1991年に相模線が電化されたことにより、神奈川県は当時鉄道路線がなかった沖縄県を除けば、日本で初めて気動車列車の存在しない(貨物専用線を除いた県内すべての鉄道旅客路線が電化されており、なおかつ他線区から乗り入れる気動車列車がまったくない)県となった。これは八高線の電化による東京都より5年早い。

また、横浜市金沢区の東急車輛製造(現・総合車両製作所横浜事業所)で落成した全国各地向け気動車の公式試運転路線としても有名であった。北海道向けから九州向けまでの車両を見ることもできたことは、夏季に見られた房総線(現在の内房・外房・成田線にあたる)の臨時快速で全国から駆り出された(あるいは試運転前提で投入された)各地域仕様気動車が見られた千葉地区に次ぐものである。
過去には以下の車両を使用していた。以下に示すのはすべて気動車である。

キサハ04形200番台
キハ10形・キハ16形
気動車の首都圏色(朱色5号一色)は、1976年に当線で運用されていたキハ10 61に施されたのが初めてである。首都圏色はその後日本全国に波及した。
キハ20形
キハ30形・キハ35形
気動車において地域別のカラーリングを採用したのは、1986年に当線で運用されていたキハ30 25に対して、クリーム1号地に青20号の帯というデザインが施されたものが初めてである(このカラーリングは、茅ケ崎駅の乗り換え専用跨線橋の内装デザインにも使われている)。1991年の電化完成で運用を終了した。寒冷地仕様の500番台車が1990年まで、ステンレス車のキハ35 904が1991年まで運用されていた。

歴史
相模線は相模川の砂利輸送を目的として建設された路線である。1921年(大正10年)に相模鉄道による私鉄線として開業後、太平洋戦争を経て国有鉄道化された。相模線を国有化した理由は、戦時体制のもと、都心が攻撃された場合にそなえ八高・横浜・相模線の迂回ルートを確保するためであったとされる。国鉄分割民営化の前には、元の運営者である相模鉄道が当路線の譲受を検討したことがあった。

相模線は、高度経済成長後の1980年代になって沿線がベッドタウン化し、現在のような運行形態が取られるようになったが、それまでは沿線人口は少なく、1960年代の沿線都市人口は相模原市の約20万人が最大で、沿線第3の都市であった厚木市でさえ8.9万人に過ぎなかった。
さらに相模川の砂利採掘が禁止された1960年頃には貨物輸送も激減し、1971年度の収支係数は374と、関東地方の国鉄線の中では鹿島線の634、木原線の459に次ぐ第3位の赤字路線であり、これは現在第三セクター化されている足尾線の361や真岡線の345よりも悪く、1968年(昭和43年)に「赤字83線」に選定され廃止対象とされた烏山線の265を遥かに下回っていた。
このような経営状況にも関わらず、相模線は1970年(昭和45年)12月21日の日本国有鉄道諮問委員会報告書において一地方ローカル線としては破格の幹線系線区に区分され、これが翌年明るみに出ると、専門家の間ではこれを疑問視する声も聞かれた。相模線はこのように関東有数の赤字路線であったにもかかわらず厚木市の日産自動車工場の製品である自動車を輸送する路線として、またベッドタウンの足として位置付けられ、国の資本が投下され続けた。このため、この事情を知る専門家からは「一部独占資本に奉仕する国鉄」と囁かれていた。

相模線は1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化でJR東日本の路線となり、1991年(平成3年)には全線が電化され、当線のために新製された当時では最新型の車両が投入された。電化によるスピードアップ、およびダイヤ改正による運行本数の増加(約1.5倍)、海老名駅の開業(1日乗車人数9千人前後)、横浜線への直通運転の復活などで利便性向上が図られ、また京王相模原線の橋本駅乗り入れや沿線のベッドタウン化など周辺環境の変化もあって通勤通学での利用客が増加し、現在は通勤・通学路線として定着しているものの、それでも都心へ向かう旅客流動とは無関係な線形ゆえ、周辺他線と比較すれば圧倒的に乗客が少ない。

相模鉄道(開業前)
1915年(大正4年):会社設立が計画され、10月21日に最初の定款が作成される。当初の計画では、茅ヶ崎 - 寒川 - 厚木 - 原当麻 - 久保沢(城山町)付近 - 相原の路線であった。
1916年(大正5年)6月26日:相模鉄道の発起人鳥越金之助(元帝国鉄道庁技師)ほか21名に対して茅ヶ崎 - 相原間の軽便鉄道敷設免許が交付される。
1917年(大正6年)12月18日:相模鉄道の創立総会が高座郡茅ヶ崎町茅ヶ崎の伊藤里之助(当時の茅ヶ崎町長)宅にて開催。資本金は60万円、本社所在地は茅ヶ崎町茅ヶ崎5573-2に置かれた。
初代社長に日米富士自転車創業者で衆議院議員でもあった岡崎久次郎が就任
1918年(大正7年)1月4日:相模鉄道株式会社の設立登記がされる。
1919年(大正8年)
7月10日:相模鉄道が日本鋼管との間に軌条約8km分の購入契約を結ぶ。
7月11日:国鉄茅ヶ崎駅付近(茅ヶ崎駅を出て左カーブの左側)に本社事務所と機関庫が完成。
7月19日:寒川 - 川寒川間の砂利採取支線の敷設許可がおりる。
7月22日:砂利採取、販売兼営認可がおりる。
当時は、手掘りにて砂利を採取し、鉄道開通以前であったため、狭い専用線を茅ヶ崎から敷設して、トロッコに積んで馬力で茅ヶ崎停車場に運搬し、ここから東海道線の貨車に積み替えて目的地まで運ぶというものであった。敷設された専用線は、鉄道用地ではなく県道を借用していたとの記述もある。
11月10日:一期工事の土木工事の入札が行われる。
11月21日:香川駅停車場予定地付近にて軌道敷設起工式を開催。線路予定地から反対運動も起き、さらに鋼材が高騰し資金不足で会社設立から起工式まで2年もかかった。
1920年(大正9年)
1月10日:茅ヶ崎駅への乗り入れ連絡が承認される。乗り入れ工事は鉄道院によって施工。
5月末:乗り入れ工事完成。工事期間中に茅ヶ崎停車場共同使用願及び連帯輸送開始願を鉄道院に提出。
7月:砂利の採取地を寒川村一之宮、宮山及び神田村田村(現在の平塚市田村)と決める。
1921年(大正10年)
5月29日:茅ヶ崎駅 - 寒川駅間5.0kmにて試運転。貨車3両を連結して寒川駅 - 川寒川駅間試運転。開業に向け、鉄道省からテンダー式蒸気機関車4両、4輪客車2両、4輪無蓋車11両、4輪緩急車3両の計18両の払い下げを受けた(以上のように書かれた資料もあるが、当時の話では2両しか機関車がなかったとされ、払い下げが記述通りに行われたのか、記憶違いかは不明)。
9月12日:鉄道係員服務規則、鉄道係員懲罰規定、旅客及び貨物運輸規則、貨物運賃及び料金規則、貨物営業マイル程、運賃割引準則、増運賃規則、列車運転時刻などの諸規則が認可される。
9月20日:開通を目前に岡崎久次郎をはじめ役員のほとんどが退任。草津軽便鉄道の別府藤馬が代表取締役となる。

相模鉄道(開業後)
1921年(大正10年)9月28日:相模鉄道線 茅ヶ崎駅 - 川寒川駅間(6.44km)が開業。香川駅・寒川駅・川寒川駅が開業。当時は28kgレールを使用していた。
1922年(大正11年)5月10日:砂利支線(貨物線・後の西寒川支線)寒川駅 - 四之宮駅間(1.93km)が開業。四之宮駅が開業。
1923年(大正12年)2月5日:東河原駅(のちの西寒川駅)が開業(貨物営業)。
1924年(大正13年)
3月28日:会社定款を一部変更し、軽便鉄道から地方鉄道法による鉄道に変更。
9月1日:関東大震災が発生し、復旧工事のため約1か月間不通となる。
「大正12・13年頃の機関区には機関士3人、機関助手3人、技工1人、炭水夫1人、主任1人しかいなかった。機関車も101号と102号の2両しかなく、その2両で寒川まで運行していた」と相模鉄道社内報(1977年10月)に当時の話として載っている。
1925年(大正14年)
2月8日:投資家の南俊二が社長に就任。
7月8日:茅ヶ崎駅 - 寒川駅 - 四之宮駅間に対する政府補助金の申請が許可される。この前後に茅ヶ崎駅構内に機関庫1棟、川寒川駅・四之宮駅に貨物扱所、寒川駅 - 川寒川駅間の四之宮分岐点に信号所などが新設される。
7月:自社施設として汐留駅に砂利荷揚場が新設。震災復興資材として砂利供給の拠点となった。
1926年(大正15年)
1月25日:寒川駅 - 厚木駅間の起工式開催。工区は2区に分けられ倉見駅までを先行工区とし、併せて厚木駅までの線路用地及び停車場用地の買収も進めた。
4月1日:寒川駅 - 倉見駅間(3.70km)が延伸開業。倉見駅が開業(旅客営業のみ貨物営業開始は7月15日)。
7月15日:倉見駅 - 厚木駅間(5.95km)が延伸開業。社家駅・厚木駅が開業。
7月30日:厚木駅 - 橋本駅間の工事起工式開催。
11月:工事区間の用地買収・全補償問題完了。
1927年(昭和2年)4月1日:資本金を増資。目的には、茅ヶ崎駅 - 寒川駅間の複線化、28kgレールを30kg以上へのレール交換などが含まれていた。
1930年(昭和5年)
4月:厚木起点5.6kmまでの区間で軌条敷設・砂利散布、つき固め工事完了。
1931年(昭和6年)
1月30日:厚木駅 - 橋本駅間の工事が完成するも工事代金未払いのため引き渡しを受けられず、日本興業銀行から借入支払いを行う。
4月29日:厚木駅 - 橋本駅間 (18.7km) 延伸開業し全通。上今泉停留場(現在の井戸坂踏切橋本側にあたる)・座間新戸駅(現在の相武台下駅)・下溝駅・原当麻駅・上溝駅(現在の番田駅)・相模横山駅(現在の上溝駅)・作ノ口停留場が開業。
6月19日:南俊二が投資に失敗し相模鉄道株を売却したため社長を退任。次に就任した登坂小三郎は元鉄道院理事で横荘鉄道取締役であり同年に山梨電気鉄道社長に就任している
7月1日:宮山停留場・門沢橋停留場・本座間停留場が開業。
11月1日:貨物支線 寒川駅 - 川寒川駅間 (0.9km) が廃止。川寒川駅が廃止[24]。
1932年(昭和7年)
5月:原当麻駅 - 橋本駅間に対して鉄道省から補助金の交付を受ける。昭和6年度上期から欠損があり、日本興業銀行に対する未払い利息が25万9300円に達するほど経営状況が悪化していた。
6月:ガソリン自動客車を導入。導入当時の話として「ボディーが高く、すぐに脱線してしまう。寒川駅の分岐点から少しでも入ると脱線してしまう。これではとても本線を走ることができない、何度やっても脱線する。そこで、機関区でボディーの高さを2センチほど低くしたら脱線しなくなった。」と相模鉄道社内報(1977年10月)に当時の話として載っている。
6月1日:円蔵停留場・上磯部停留場が開業。
11月1日:中新田停留場・大河原停留場(現在の南橋本駅)が開業。
1935年(昭和10年)
6月23日:貨物停車場として入谷駅が開業。
8月20日:座間新戸駅構内側線が1.0km延長。
10月16日:重油動力併用認可を受ける。
11月2日:汽車製造会社と共同開発の日本初の電気式気動車キハ1000形流線型ディーゼル電動客車を購入、軽油を燃料に茅ヶ崎駅 - 橋本駅間で運転を開始。
11月7日届出:相模横山駅が本上溝駅に改称。
12月24日:国鉄横浜線に乗り入れ、八王子駅までの直通運転の承認を受ける。
1936年(昭和11年)1月15日:国鉄八王子駅へ直通運転開始。同時に運転本数を増やし、スピードアップを行う。
1937年(昭和12年):厚木駅構内に小田急連絡線(小田急独身寮 - 坂本祭典間にあたる)が設置される。
1938年(昭和13年)9月29日届出:座間新戸駅が陸士前駅に改称。
1939年(昭和14年)10月1日届出:東河原駅が昭和産業駅に改称。
1940年(昭和15年)
月日不明:陸士前駅が相武台下駅に、大河原停留場が相模町停留場に改称。
2月1日:日東駅(現在の北茅ヶ崎駅)が開業。
4月20日:寒川駅 - 昭和産業駅間の旅客営業を開始。
11月25日:円蔵停留場が移転。
1941年(昭和16年)
3月3日:香川台停留場が開業。
4月1日届出:相模町停留場が駅に変更。
1942年(昭和16年)4月:海軍が昭和産業の工場を買収。当線での軍需輸送が始まる。
10月30日届出:昭和産業駅が四之宮口駅に改称。
1943年(昭和18年)
4月1日:神中鉄道と相模鉄道の合併により、相模鉄道相模線となる。
4月:相模海軍工廠が発足し、さらに軍事輸送が本格化する。
10月1日:香川台停留場、中新田停留場、上今泉停留場、上磯部停留場、作ノ口停留場休止。
1月21日:陸運統制令により運輸通信省との間に買収協定を締結する。買収は茅ヶ崎駅 - 橋本駅間および寒川駅 - 四之宮駅間の35.3kmで、その価格は390万円であった。

国有化後
1944年(昭和19年)6月1日:戦時買収私鉄に指定され国有化、運輸通信省鉄道総局の管轄の相模線となる。
停留場が駅に変更。日東駅が北茅ヶ崎駅に、上溝駅が番田駅に、本上溝駅が上溝駅に、相模町駅が南橋本駅に、四之宮口駅が西寒川駅に改称。円蔵停留場・本座間停留場・香川台停留場・中新田停留場・上今泉停留場・上磯部停留場・作ノ口停留場が廃止。四之宮駅 - 西寒川駅間が廃止 (-0.5km)。厚木駅が茅ヶ崎方に0.4km、原当麻駅が茅ヶ崎方に0.3km移転など一部で改キロ。
1946年(昭和21年)4月25日:社家駅 - 厚木駅間に山王原信号場が開設。
1949年(昭和24年)
3月2日:山王原信号場が廃止。
6月1日:日本国有鉄道が発足。国鉄相模線となる。
1954年(昭和29年)10月1日:寒川駅 - 西寒川駅間の旅客営業が廃止。1946年頃から旅客列車の運転はなかった。
1957年(昭和32年):茅ヶ崎機関区煤煙問題で神奈川県が国鉄に抗議を行う(問題そのものは戦後からあった)
1958年(昭和33年):相模線がディーゼル化される
1960年(昭和35年)11月15日:寒川駅 - 西寒川駅間の旅客営業再開。
1961年(昭和36年)4月1日:相模線管理所が発足。
1964年(昭和39年):相模川での砂利採取が禁止になる。
1965年(昭和40年):キハ30形5両が茅ヶ崎機関区に配置
同年夏、国鉄茅ヶ崎機関区でこれまで相模線や東海道線で貨車・客車などの牽引、入換作業に従事してきた蒸気機関車の引退式が盛大に行われた。
同年前後に、相模線の担当機関区が茅ヶ崎→八王子に移管された。1979年当時も気動車は八王子機関区所属
1966年(昭和41年)3月25日:蒸気機関車運転廃止。この時点では貨物列車や入換作業のみに使用されていた。国鉄から蒸気機関車の営業列車がなくなる9年前のことである。
1981年(昭和56年)4月29日:相模線全線開通から50年目をむかえ、記念のヘッドマークを掲出。
1984年(昭和59年)3月31日:寒川駅 - 西寒川駅間支線廃止に伴うさよなら列車が寒川駅 - 西寒川駅間で運転。支線 寒川駅 - 西寒川駅間 (1.5 km) が廃止。西寒川駅が廃止。
1986年(昭和61年)3月3日:ダイヤ改正で試行列車として運転されていた22本が定期列車になる。
キハ30 25・49を皮切りに朱色一色からクリームと青の相模線カラーに塗装変更された。
1987年(昭和62年)3月21日:海老名駅が開業。

民営化後
1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道が承継。日本貨物鉄道が茅ケ崎駅 - 厚木駅間、南橋本駅 - 橋本駅間の第二種鉄道事業者となる。厚木駅 - 南橋本駅間の貨物営業が廃止。
1989年(平成元年)3月6日:電化工事着工。
1990年(平成2年):南武線用205系で電化に伴う訓練列車運転。
1991年(平成3年)3月16日:全線電化。205系500番台電車運転開始。
相模線電化により、茅ヶ崎運転区が茅ヶ崎運輸区となる。
キハ30・35形気動車使用終了。
1996年(平成8年)10月1日:JR東日本横浜支社の発足に伴い、全線の管轄が同社東京地域本社(現在の同社東京支社)から横浜支社に変更される。
1997年(平成9年)7月1日:日本貨物鉄道の南橋本駅 - 橋本駅間の第二種鉄道事業 (2.0km) が廃止。
1998年(平成10年)9月28日:茅ケ崎駅 - 厚木駅間の貨物列車がこの日で運転終了。
2011年(平成23年)
2月27日:電化開業から20周年を記念し、115系(豊田車両センター配置)3両編成を使用した団体臨時列車を海老名駅 - 茅ケ崎駅 - 熱海駅 - 横浜駅間にて運行。
3月14日:11日に発生した東日本大震災に伴う輪番停電の影響を受けて、この日から終日全線で運転が見合せとなる。その後、3月20日[32]から寒川駅 - 茅ケ崎駅間で、3月28日から橋本駅 - 寒川駅間で運転が再開されたものの、全線の運転が再開されるまでに約2週間を要した。これは、相模線が他の路線のようなJR自前の変電所を持たず、東京電力からの電力供給に依存していたことが原因であった。

発車メロディ
相模線内各駅の発車メロディは、他線区にはない「近郊地域20番」「近郊地域20-1番」(旭電通(現・東洋メディアリンクス)製)という曲のみとなっている(ただし、茅ケ崎駅は発車ベル)。かつては2001年の高架化から2016年まで上溝駅で「せせらぎ」(日本電音製)のフェードアウト版が使用されていた(さらにその前は「近郊地域20番」を使用していた)。近郊地域20番は学校のチャイムのような曲で、使用しているのは、橋本駅・原当麻駅・入谷駅・海老名駅・寒川駅の各駅(橋本駅は余韻が短い。以前は総武本線の佐倉駅で使用されていた)。もう1曲の近郊地域20-1番はかつて存在した石丸電気の旧CFソングに近い感じの曲で、南橋本駅・上溝駅・番田駅・下溝駅・相武台下駅・厚木駅・社家駅・倉見駅・門沢橋駅・宮山駅・香川駅・北茅ケ崎駅の各駅で使用されている。電化され駅自動放送が導入された際には全駅が近郊地域20番に統一されていた。また、駅自動放送は茅ケ崎駅・橋本駅がATOS、海老名駅・原当麻駅が東海道型放送(詳細型)、寒川駅が巌根型放送、北茅ヶ崎駅・香川駅・宮山駅・倉見駅・門沢橋駅・社家駅・相武台下駅・下溝駅・番田駅・上溝駅・南橋本駅が巌根・館山型放送、入谷駅が新仙石型放送、それ以外の駅は仙石型放送である。なお、以前は全駅とも東海道型放送(簡易型)、上溝駅は2001年の高架化から2016年までユニペックス型放送が使われていたが、放送装置更新や、駅舎リニューアルなどに伴い、現在の形になっている。


茅ヶ崎-北茅ヶ崎-香川-寒川-宮山-倉見-門沢橋-社家-厚木-海老名-入谷-相武台下-下溝-原当麻-番田-上溝-南橋本-橋本

パーソナルタグ

苦手なものタグ

フリータグ

カウントデータ

フォロー484 お気に入り1,545
フォロワー429 リスト5
ツイート2,287 平均ツイート6 / 日

日付データ

Twitter歴384日 プロフ作成2016/12/29 21:33
Twitter登録2016/11/05 10:40 プロフ更新2017/10/04 22:45
API取得完了2017/11/23 20:16 API取得予定2017/11/24 20:16