自己紹介

皮膚を剥く心の病気『#皮膚むしり症』を克服🌸|YouTubeで動画投稿|むしり歴20年|絵,料理,園芸,物作りが趣味→夢中になってストレス緩和🌱|“小さな成功体験”を積み重ねてポジティブ人間へ✨|『心』が安定すれば症状は治ります‼️|一人で悩まず仲間同士繋がろう😊|質問箱&DMで相談受付|サブ@cue_cube2

もっと自己紹介

takiといいます。

会社員。AB型で左利き。

皮膚を剥いてしまう“皮膚むしり症”
という心の病気に20年以上悩まされています。

『CueCube』というチャンネルで
皮膚むしり症についての動画を投稿中。

“手を使った能動的な楽しい体験は
夢中になることでストレスを軽減させ
皮膚むしり症の症状緩和に繋がるのでは?”

という考えのもと、
日々の行動でストレスを改善するために
自分が夢中になっている趣味を紹介しながら
皮膚むしりを克服した自分なりの生き方を発信。


【経歴】
大学では製品デザインやUXデザインを学び、
モノの利用によるユーザーの体験価値を研究。

一方で、小学生〜高校生の塾講師を務める。
丁寧な解説や優れた教材も、受動的では効果が薄く、
子供たちが能動的になれる仕組みについて考える。

それらの経験から「遊び×学び」に興味を抱き、
能動的な楽しい遊び体験が学びを促進させると考え、
学びを目的としたボードゲームを研究・制作する。

大学卒業後は教材の営業の仕事をするも、
ストレスで心がボロボロになり僅か1ヶ月で退社。

その後はブロックやロボットなどの玩具を
教材として使うプログラミング教育の習い事の
先生を務め、思考力を養う幼児教育を経験する。

二度目の転職を経て、今は玩具やボードゲームの
教育的価値のプロモーションの仕事に携わっている。

今の時代必要なのは知識量ではなく思考力。
教育的価値のあるアンプラグドなゲームの体験が
思考力やコミュニケーション力を養うことに注目し、
「遊ぶモノ」という視点で子供の教育に向き合う。

さらに現在は、指先を使うゲームや玩具は
夢中になることで精神疾患の症状緩和にも繋がる、
という視点で、病気とも結びつけて考えている。


【趣味】
植物が好きで、30種類ほど育てています。
自然を訪れて植物の写真を撮ることや、
ハーバリウム作り、多肉植物の寄せ植え、
花の絵を描く、育てた野菜で料理するなど、
植物関連でやりたいことがたくさんあります。

商品や作品を見ることが好きです。
展示会、雑貨、家具家電、文房具、100均、
地域の特産、食品や日用品のパッケージなど。
どんなものにもこだわりや価値があって、
それを考えて見つけては興奮していますね。

物作り、料理、絵を描くなど創作が好きです。
顔認証が本人扱いする完成度で人物画を描けます。
いつか陶芸をやってみたいです。


【僕が思っていること】
料理を作るのが得意、写真を撮るのが好き、
絵が描ける、アクセサリー作りや裁縫ができる、
楽器を演奏できる、植物を種から育てられるなど、
自分の手で何かを生み出せる人を尊敬しています。

こだわりを持つことや手間をかけることの
大変さも楽しさもわかる人は素敵だと思いますし、
自分でやると喜びや達成感も大きくなって
小さなことでも嬉しい気持ちになれると思います。

子供の教育も、心の病気の改善も、
一つ一つの成功体験の積み重ねが大切です。
そういう体験をたくさんデザインしていきたいです。

カウントデータ

フォロー221 お気に入り3,164
フォロワー195 リスト1
ツイート1,093 平均ツイート3.5 / 日

日付データ

Twitter歴314日 プロフ作成日2019/04/20 23:26
Twitter登録日2018/11/10 04:59 プロフ更新日2019/08/12 15:12
API取得完了2019/09/19 19:20 API取得予定2019/09/19 19:35