自己紹介

Dimensionwarrior Olfam. 「 次元を越え、秩序を守る!次元戦士 オルファム! 」 劇団ゆめたまご@hero_yumetama「超無限隊キズナクロス」の一員だ! 神戸芸工大特殊造形部「KDUヒーローズ」OB。↓劇団ゆめたまごへのご連絡はこちらhero.yumetamago@gmail.com

もっと自己紹介

■次元戦士オルファムとは
あらゆる次元を飛び回り生命の源であるライフエナジーを奪い犯罪を繰り返す「次元犯罪組織バンディッツ」から宇宙の秩序と人々を守るため結成されたDフォースの精鋭隊員である。

■世界観
ライフエナジーとは生命体に宿るエネルギーの源であり、人類の未来、環境のための平和的利用、宇宙への可能性について研究や開発を進める機関「DRO(ディメンションリサーチオフィス)」が発見した。
DROはあらゆる環境に適応するため探索用装備服「ディメンションスーツ」を開発。
ディメンションスーツは強いライフエナジーを秘めた自然鉱石「エレメンタルストーン」の一部とエレメンタルストーンのライフエナジーの波長に合わせるため幾度の研究を重ね開発した人工形成物質「オメガマテリアル」を利用し、エレメンタルストーンを加工した「ディメンションエレメンタルブレス」に装着者の腕に埋め込んだ暗号を認証させることによってオメガマテリアルを装備服状に形成させ装着することができる。
装着者が次元転移した後でもオメガマテリアルの体内認証が続いている限りは一度装着を解除してもDROから次元を越えて再び他次元上で転身することができる。
もともと戦闘用服ではなく探索、開拓用に開発されたものであり、転身するためのアクション「ディメンションエレメント」と開拓用、護身用に一時的に装着者の補助的な役割を発動する「セカンドエレメント」という能力を持つ。

■経緯
研究開発が進んでいく中、ディメンションスーツ開発者のメンバーの1人にライフエナジーに強く惹かれたある1人の男がディメンションスーツのプロトタイプを装着しライフエナジーの研究を独断に行っていた。「永遠の命」を目的にあらゆる実験を重ねていたその男はライフエナジーの強大な力とオメガマテリアルの暴走により異形な姿へと変わってしまった。力の暴走によりDRO内部を破壊し始め姿を消す。その後、力のコントロールに成功した彼は昆虫のような姿に変わってしまった自らを「ローカスト」と名乗りさらなる生命体からのライフエナジーの吸収、悪用を行っていた。さらに人体実験を行い生物のライフエナジーと融合させた怪人軍団「次元犯罪組織バンディッツ」を結成していた。
これに急遽DROはバンディッツに対抗するためディメンションスーツを戦闘スーツに改良。次元戦士部隊「Dフォース」を結成した。
その最初のメンバーに選ばれたのがコードネーム「オルファム」である。
戦闘用のディメンションスーツは「ディメンションエレメント」、「セカンドエレメント」に加えオメガマテリアルを武器状に形成させる「パワードエレメント」、仲間に救援を要請する「コールエレメント」、怪人を分析する「サーチエレメント」、そしてオメガマテリアルを一時的に暴走させ相手に繰り出すための「ファイナルエレメント」の発動が可能になった。
主に使われるパワードエレメントは銃器の「デルタシュート」それを改良した「デルタマグナム」、逆手剣の「シグマブレード」。

■KDUヒーローズとの関わり
初めてディメンションスーツを装着したオルファムは次元転移のテストを行っていた。何度か失敗した後、転移先の座標に辿りついた所でKDUヒーローズ最初のメンバー「改造実験体オミット」と遭遇する。オミットと戦う「怪人組織AGU」と戦闘を行い、勝利。初めてオルファムは別の世界線を見た。
その後DRO内でDフォースとして訓練を重ねた後、ローカストを発見し追跡を開始。ローカストが逃げ込んだ先はまたしてもKDUヒーローズがいる世界線であった。
そこで人々のライフエナジーから生まれた戦士「正義番長バンビート」、「ライブヒューマー颯(イブキ)」と出会う。苦戦の末ローカストを倒した後、次元犯罪組織バンディッツの影響がこの世界線にも及んでいることを知ったオルファムはKDUヒーローズに入ることを決意。共に戦うこととなった。
ローカストが倒れた後も
いくつもの怪人組織を渡り歩く「魚群怪人イ・カーナゴ」「鉄の男ゲイキング」「地平線の覇者エリマキング」によるローカスト復活を狙う「ネオバンディッツ」との戦い、霊体となったローカストによってオルファム含めKDUヒーローズ打倒を目的に新たにディメンションスーツとライフエナジーが融合し誕生した怪人「カラス怪人片翼のミッドナイトクロウ」率いるバンディッツ残党、メンバーの「タコ怪人スキューバン」たちとの壮絶な戦いが繰り広げられた。
ミッドナイトクロウとは普段敵対しているが、ローカストの意志によるものであると考え彼の記憶を呼び醒ますため少しずつ怪人である相手を理解する姿勢を取るようになる。
そうしていく中でオルファムはKDUヒーローズの
「鳥装戦士トリート」という後輩を持つようになり、共に戦い、共に成長する先輩ヒーローとなっていくのであった。
2015年の芸工祭でのミッドナイトクロウとの決着後、バンディッツは事実上壊滅。これによりオルファムは自分の役目を終えKDUヒーローズを脱退、卒業した。
その後、この次元での自分の存在意義を戦うこと以外で様々なことに挑戦することや人々との触れ合い、そして辛うじて生き延びバンディッツ再建とは別の生きた方を考え始めたミッドナイトクロウと向き合うことで、見い出すための新たな一歩を踏み出している。

■性格
赤い装甲をしているが情熱的なイメージとは反対に慎重で冷静に物事を判断、的確に行動を取る性格をしている。(バンビートたちに対しても出会った当初はライフエナジーから誕生した戦士を味方と判断する根拠が無く、ローカストを倒すという目的で一時的に協力していただけで警戒していた。)ただ、感情的になりやすく情に弱い上作戦を立てるものの予想と異なる場合が多く、良く失敗したり敵の罠にはまる傾向にある。当初は感情的になると一人称が普段の「僕」から「俺」に変わっていた。基本的には至って真面目で誰とでも敬語で話す。真面目すぎる性格故に考え込んでしまったり、気持ちがからぶってしまうことも多々見られる。

■記録
2012年7月7日明石の川崎重工のイベントにてデビュー(神戸芸術工科大学から発信しているラジオ番組「眠らない大学」にて改造実験体オミットと一緒に出演しており、姿より先に声だけがお披露目となった)
当時のバイザーの色は赤色。
2012年の芸工祭によるローカスト追跡時からは緑色に変更されている。
カラーリングに関しては人が安心する、子供が好む配色として赤、緑、白(銀)を基調としている。
名前の由来は武器を含め名称の殆どがアルファからオメガまでのギリシャ文字から選ばれている。オルファムはアルファをもじったもの。
2013年の芸工祭辺りからスーツの改良が少しずつ行われ始めた。
2014年の大阪ジャスティス冬の陣にて初のローカルヒーローイベントに参加。
その後当時主役を飾っていたバンビートに変わってセンターをバトンタッチ。2015年1月の多聞台小学校で行われたとんど祭りまでオルファム対バンディッツが中心となるシナリオでの舞台を行った。
また2014年の10月にNHK神戸の「ニュース神戸発」、「ぐるっと関西おひるまえ」にテレビ出演。
12月にNHK大阪の「学校再発見バラエティーあほやねんすきやねん」に生出演し、スタジオ内でヒーローショーを行った。
とんど祭り以降も、新たに主役となったトリートの先輩としてサポートするキャラクターとなって様々な舞台に出演している。

■活動にあたって
ヒーローショー、グリーティング、映像制作などが主な活動になります。
地域活性化のため依頼があれば基本的にどのような行事にも駆けつけます(内容、金銭面においては要相談)。
基本的に喋りません。
サイン、握手、ハグなどに関する規制はございません。
Twitter上では告知以外での触れ合いもございますので気楽に話しかけていただいて構いません。
制作担当者との連絡を直接取ることは可能です。
二次創作物の作成は金銭が発生する取引に利用する目的のもの以外であれば基本的に自由です。

■このプロフィールは随時更新していく予定です。
その際はTwitter上で通知致します。

カウントデータ

フォロー1,465 お気に入り2,724
フォロワー1,672 リスト42
ツイート8,571 平均ツイート3.6 / 日

日付データ

Twitter歴2,412日 プロフ作成日2016/02/02 04:55
Twitter登録日2011/03/13 02:43 プロフ更新日2017/02/14 19:56
API取得完了2017/10/18 10:55 API取得予定2017/10/19 10:55